act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

ブログ エントリー

ダークソウル 技量系のステ振りと装備を考えてみる3-2

前回のエントリーからの続き。

メイン武器は通常強化の「居合い刀」と「サイズ」を使い分ける感じ。 お好みにより「打刀」もしくは「黄金の残光」でも可。サブ武器には「呪術の火」。 対人向けですがスキルに自信がある人は「ショーテル」にして 左手に「呪術の火」でも可。盾は「銀騎士の盾」と「紋章の盾」の二択。

攻略でも対人でも闇魔法使いには「紋章の盾」がかなり有効です。 ですが受け能力が低いのでスタミナ管理には注意。 スタミナが足りなくて結局弾かれちゃうこともあるので 「銀騎士の盾」オンリーでもいいかも。

よく「草紋の盾」を使ってる人を見かけますが、常時武器を両手持ちで回避オンリーな スキルの高い人でないならお勧めしません。最大強化しても受け能力が63とかなり低いので 盾受けするとスタミナが大きく削られます。スタミナ回復スピードアップの効果が吹き飛ぶぐらいに。 盾受け主体なら受け能力最大76の「銀騎士の盾」が鉄板です。

指輪は定番の「寵愛と加護の指輪」とあと一枠。 強靭重視なら「狼の指輪」。回避重視なら「暗い木目の指輪」。 呪術重視なら「吠える竜印の指輪」。スタミナ重視なら「緑花の指輪」。 軽装なら狼が無難ですね。強靭をある程度確保するとひるみにくくなり、 少々ダメージを負っても攻撃を当てやすく強いです。 対人のチェイン対策にもなるし。

とりあえずこんなところ。立ち回りは武器攻撃メインの近接戦闘重視。 ガン盾相手にはショーテルで貫通や黒炎で崩しましょう。 混沌の大火球でダメージを与えつつ結界を張って動きを封じるのも効果的。 攻略でも対人でもかなり活躍出来るビルドだと思います。

まぁこれは個人的に好きなスタイルなだけで体力や持久力を抑え、 理力や信仰に振ったいわゆる魔法剣士やギンバサの方が対人では強いと思われます。 ですが闇魔法連打や神の怒り連打で勝っても……ねぇ?  ゲームなんだしロマンを追い求めてもいいじゃないですか。

前後のエントリー