act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

ブログ エントリー

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の拾四

というわけでユニゾン、サブイ様教団、その他サブイベントもオールクリア。 3種類のスタッフロールも全て見ました。 プロテクトピアス1つのためだけに3周目をやるのもアホらしいのでここらでお開きですね。 レベルも99まで上げたしほぼフルコンプリートといってもいいでしょう。 もはやダンデライオンすら雑魚敵です

総評。ロード&セーブが異様に長い! バトルが異様に難しい! ムービーが異様に長い! でも最高に面白かった!! ここまでやりこんだRPGはドラクエ5以来です。 美麗なグラフィックと洗練されたバトルシステムは特筆に価しますね。 難易度が高いのがネックですが逆に言うと「やり応えがある」ということ。

やわらかいタッチのキャラデザなので、 ライトユーザー向けのヌルい作品だと思ったら痛い目をみます。いい意味で。 スリリングで緊張感のあるバトルは非常に楽しく、この作品の一番の魅力。

難点は以前も書きましたが防御のタイミングがシビア過ぎること。 ただ、非常に難しいボス戦でもレベルを上げさえすれば なんとかなるのでそこらへんは上手く作られてます。

意味不明という批判のあったシナリオに関してはXbox360版から かなりの追加、変更があったみたい。特に6章の最後から最終章にかけてかなり展開が異なり、 ワルツやショパンの心情が語られるなど分かりやすくなりました。 なのでXbox360版をプレイ済の人にもお勧め出来る内容だと思います。

点数にすると90点ってところですかね。決して万人向けではないですが、 万人に勧めたくなるような名作です。最近お手軽なRPGしかやってないな~ と物足りなさを感じているそこのあなた。『トラスティベル ルプリーズ』がありますよ!

前後のエントリー