act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

ブログ エントリー

TRUE REMEMBRANCE

てなわけで『TRUE REMEMBRANCE-remake-』『茜街奇譚』 に引き続き、同人ゲーム紹介の第二弾。

忘れたい記憶を患う「セツナ病」。記憶を封じ、それを癒す「封士」。 セツナ病の治療の為に作られた「街」で暮らす封士の青年と一人の少女が織り成す、 切なくも優しい物語。読み終えた後は癒される事必至です。

シナリオ、BGM、背景、一枚絵全てが高いクオリティでまとまってて 同人ゲームとしては傑出の出来だと思います。ただ、立ち絵が。 同人作品特有の塗りと言いますか、背景グラフィックがとても綺麗なので ギャップが物凄いです。ただ、慣れますけどね。

初出は2004年ですが、つい最近様々な改良が施されたリメイク版がリリースされました。 旧版はやった事ないんですが、一番大きい変更点はオープニングムービーの追加だと思います。 なんていうか、ちょっとした商業レベルのムービーになってます。 同人作品でこんなのが見れるなんてびっくりしました。 公式サイトではムービーのみのダウンロードも出来るので是非ご覧あれ。

総評。……つべこべ言わずにとにかくやりましょう。以上。 主人公がなるしまゆり風なのはつっこみ所ですか?

前後のエントリー