act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

Lapis : 猫でも解る設置方法

ステップ0 : 設置の前に

まず例として当サイトの情報で話を進めます。 実際のURLは利用する環境に合わせて書き換えて下さい。 (PCの「フォルダ」とサーバーの「ディレクトリ」はほぼ同じ意味です)

設置する環境&使用ソフト

ステップ1 : 『Lapis』と『Mint』をアップロード

『Lapis』は『Mint』というフレームワークを利用しています。 『Mint』を設置していない場合はこちらもダウンロードして 『Lapis』と同じディレクトリに設置して下さい。

当サイトの「PHPスクリプト」のページから 『Lapis』及び『Mint』の「ダウンロード」と書いてあるリンクをクリックして zipファイルをダウンロードし、zipファイルを圧縮解凍ソフトで解凍します。

解凍するとそれぞれ「lapis」「mint」というフォルダ名でファイルが展開されます。 FTPソフトで全てのファイルをそのままサーバーにアップロードして下さい。

設置先例では「http://act.st/php/lapis/」「http://act.st/php/mint/」になります。

ステップ2 : 「logs/」のパーミッションを変更

FTPソフトで「logs/」ディレクトリのパーミッション(アクセス権)を 【707】 もしくは 【777】 に設定して下さい。 サーバーからの指定がある場合はそれに従って下さい。

ステップ3 : 「setup.php」でパス情報を確認

ブラウザで設置先の「setup.php」にアクセスして下さい。 設置先のULRに合わせて各種パス情報が表示されますので、 それをコピーして後述の設定ファイルに記述して下さい。

設置先例では「http://act.st/php/lapis/setup.php」になります。

ステップ4 : 「configs/db.ini」を編集

「db.ini」で利用するDBの情報を記述します。 「db.ini」をテキストエディタで開き、編集後上書き保存して下さい。 「設定名 = "値"」という形で書いてありますので、 「=」を挟んで右側の値のみ書き換えて下さい。

『SQLite』を利用する時は以下のような感じになります。

『チカッパ!』+『MySQL』 だと以下のような感じになります。

DBサーバーのホスト名が不明(Webサーバーと同じ)な時は 「db_host」の値は空欄もしくは「localhost」と記述して試してみて下さい。


DB用語としての「データベース」「テーブル」はPCの「フォルダ」「ファイル」に相当します。 一つの「データベース」の中に複数の「テーブル」が作成されるという形です。

レンタルサーバーによって変わってきますが『MySQL』利用可と書いてあっても 「データベース」が最初は作成されていない事が多いです。 なのでまずレンタルサーバーのコントロールパネル等から現在の状態を確認して下さい。 もし「データベース」が作成されてなければ作成して下さい。

※ 文字コードを指定出来る時は「UTF-8」(Unicode)に設定して下さい。

※ 『SQLite』を利用する際は「logs/」以下に自動的にデータベースが作成されます。

ステップ5 : 「configs/pass.ini」を編集

「pass.ini」で解析画面を見る際の認証情報を記述します。 「pass.ini」をテキストエディタで開き、編集後上書き保存して下さい。 「ユーザー名 = "パスワード"」という形で 「=」を挟んで左右に書いて下さい。 使用出来る文字は英数字のみです。 改行を入れて複数設定する事も可能です。

ステップ6 : 「configs/conf.ini」を編集

「conf.ini」で『Lapis』を利用する際のオプション設定を記述します。 「conf.ini」をテキストエディタで開き、編集後上書き保存して下さい。 「設定名 = "値"」という形で書いてありますので、 「=」を挟んで右側の値のみ書き換えて下さい。

一番上にある「write.phpのURL設定」は 変更必須 です。

ステップ7 : 「tracker.js」を編集

「tracker.js」で「write.php」を呼び出す際のパス設定を記述します。 「tracker.js」をテキストエディタで開き、編集後上書き保存して下さい。 一番上のパスの部分のみ変更して下さい。

ステップ8 : 「index.htaccess」をコピー&編集

「index.htaccess」でリクエストエラー時の転送先URLを設定します。 まず「index.htaccess」をサイトの最上位ディレクトリにコピーして下さい。 コピー先の「index.htaccess」をテキストエディタで開き、編集後上書き保存して下さい。

設置先例では「http://act.st/index.htaccess」になります。

ステップ9 : 「index.htaccess」を「.htaccess」にファイル名変更

ステップ8でコピーした「index.htaccess」をFTPソフト等で「.htaccess」にファイル名変更(リネーム)します (通常の方法では変更が出来ない可能性があるため)。

設置先例では「http://act.st/.htaccess」になります。

ステップ10 : 解析対象HTMLに専用タグを記述

解析したいHTMLファイルをテキストエディタで開き、 「setup.php」で表示されるタグを記述して上書き保存して下さい。 専用タグは解析したい全てのHTMLに記述して下さい。

ステップ11 : 編集した全てのファイルをアップロード

編集した全てのファイルをFTPソフトで全て上書きアップロードして下さい。 当たり前ですがアップロードしないと 変更が適用されませんので注意して下さい。

ステップ12 : スクリプトの動作確認

解析結果表示のURLは「lapis/」もしくは「lapis/index.php」です。

設置先例では「http://act.st/php/lapis/index.php」になります。

ブラウザでアクセスすると次のような認証用のダイアログが表示されます。 「ステップ5」の「configs/pass.ini」で設定した 「ユーザー名」と「パスワード」を記述してOKボタンを押してください。 (ダイアログのインターフェイスはブラウザによって異なります)

正しい「ユーザー名」と「パスワード」が入力され、 DBに正常に接続出来た場合は管理画面が表示されます。 どちらかの条件がNGの場合はエラー画面が表示されます。