act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

ブログ エントリー

6hot_AnalyzerVer1.6.0リリース。

Ver1.5.0からの変更点は以下の通り。

実は前Verにこっそり組み込み済の機能も有ったり無かったり。なので最近DLした人にすれば殆ど変わらなかったりします。まぁ「変更してますョ」ってな正式アナウンスという事で。『Aqua_Style』はちょっと不思議なスタイルになったかな?

Operaがカウントされない!【真・解決篇】

さてさて。ここ最近世間を騒がせてきました『6hot_Analyzer』の「Operaがちゃんとカウントされてないんじゃない?事件」(通称Opera事件)の真犯人が判明しました。

我々追跡斑は気の遠くなる程のテストを繰り返し、ある真実に辿り着く事と相成りました。そこには狂気の沙汰と呼ばざるを得ない恐るべき「人類総Opera化計画」の鍵を握る重大な秘密が・・・!!

ヽ(・∀・)ノ┌┛Σ(ノ`Д´)ノ ・・・え~っと。起動用の<img>に付け足したCSSの「display:none」に対応してませんでした。Operaが。Operaの嬢ちゃんが。そんなんだからいつまでたっても嬢ちゃんなんだYO!

「display:none」が解釈出来なくて処理をスルーしちゃってたんですョ。職務怠慢ですなまったく。ってなわけで「ana.js」のみ変更です。↓をダウンロードの上、上書きアップして下さい。原因究明にこんなにかかってホントにこめんなさいです。文句はOpera嬢ちゃんに言ってやって下さい。

[修正ファイルダウンロード]

一番上の varPHP="http://~~~/ana/ana_write.PHP";という部分を自分のサイトのURLに変更するのを忘れずに!!

『AA_BBS』のヴァージョン表記変更について

現在『AA_BBS』のヴァージョンは「4.0.0」となっていますが、これは以前のサイトで配布していたPerl版から引き継いだモノで、現在のヴァージョンカウントとは著しく異なっている為、一旦整理して「1.0.0」と変更します。PHP版は初と言う事です。

『Analyzer』の方が細かいヴァージョンカウントで進めてますので、そっちと合わせようと思ったんですよ。・・・てなわけで、次のヴァージョンは「1.5.0」にしようか「2.0.0」にしようか下らない事で悩んでいるワケなんですが。

『AA_BBSVer2.0.0』

オッス!オラ シーア派! > 挨拶

・・・ネタが無い時はパクリ気味です。というわけで(?)『AA_BBSVer2.0.0』がマスターアップで~す!!ヴァージョンアップを宣言してから早幾年(嘘)。長い道のりでした。ここまで持って行くのに色々有りました・・・ゲームやったり、ゲームやったり、ゲームやったり。

リリースは金曜日かな。リファレンスとかちょこちょこと書く必要が有りますので。アクセス解析よりは需要が少ないですが、これを機に使っていただければ幸いでございますですよ。

blogツール。

ヤヴァイです!モタモタしてたら、いつの間にか先を越されてますYO!IntelliMouseタンで地雷踏んでる場合じゃナイですョ奥さん!

ぅをにょれぇ~!!!『6hot_Analyzer』の新版が完成したらこっちもSylphideのβ版を出すしかッ!!ホント言うと開発休止にしようかと思ってたんですよ。でも、止めました。佑は負けず嫌いでは無いですが、非常に好戦的なのです。

PHPblogsystem

さてさて。AnalyzerVer2.0.0のリリースも出来たし、約半年ぶりにWeblogツールの開発を再開しますですよ。といっても全体的な構造を見直して作り直しな感じ。

心機一転で「Sylphide」という名称もやっぱやめます。なんか海外のツールっぽく見られちゃうかな~って思ったんで、新名称は和製って分かるように日本語にします。なるべく早くリリースしたいですね~

出来上がりつつ・・・あるの?

PHPのブログツールってなんかHTMLを動的生成するタイプが多いんですが、『神楽』は静的生成するタイプです。動的生成の方が遥かに作るの簡単なんですけどね。ある種のこだわりです。

・・・ってワケですげー面倒なんですよ。イロイロと。「コメント」と「トラックバックの受信」の実装を後回しにすればリリースは結構早めに出来るんですが。静的生成する関係上いちいち色んなHTMLをリビルドしなきゃいけないんですよね~ 鬱だ・・・orz

blogツールComingSoon

いよいよ『神楽』のリリースが間近ですよ奥さん!・・・といってもβ版ですが。完成度は当初考えていたプランの40%ぐらいですかね。まぁぼちぼちと機能を増やしていくつもりです。とりあえずは動的生成のみですが、正式版では動的or静的の細かいカスタマイズが出来るようになる予定。

『神楽』の特徴っていうかウリはですね、まず装飾文字記述言語『CTML』の入力補正(IEのみですが)。今までBBSで地味に実装していた『CTML』ですが気軽に使えるようになりました。あとは・・・テンプレートの機能かな。色んな部分のテンプレートを無理やり一つのHTMLに詰め込んでみました。ブロック分けがすげー細かいです。CSSもセットになってますので多少は編集しやすいかと。

最初のセットアップも専用スクリプトを用意しましたので、設置がめっちゃ楽です。いちいち色々なディレクトリやファイルのパーミッションを変えたりするのは正直ダルいですからね。『神楽』だけじゃなくて今後リリースするスクリプトは全部セットアップスクリプトを付けようかと思ってます。

とりあえずはこんな感じで。

blogツールCountDown...

『神楽』。よーやくコメントの送受信が出来るようになりました。仕組みはトラックバックとほぼ同じ作り。いっそのこと共通化しちゃうかな?β版リリースまで後はバグチェックとテンプレートデザインのリファインを残すのみです。

あ~そうそう。テンプレートといえば、某blogツールで某blogサービスのテンプレートを取り込める機能があるんですが・・・これってどうなんでしょうね。著作権的に。「取り込める」と言えば聞こえはいいですが、ぶっちゃけ「パクリ」ですよね。HTMLとCSSが解れば『神楽』でも簡単に取り込めるんですけど・・・う~みゅ・・・

神楽PHP+XMLBlogSuiteVer0.9.0αRelease

とゆーわけで「β版」改め「α版」です。この完成度じゃ、ね。正式版は気合を入れて作りますので、もぉちょっとお待ちを。「α版」なのでヘルプとか全然作ってないです。でも直感的になんとなーく操作出来ると思います。「α版」なので必要最小限の機能しか無いです。本格稼動にはまだオススメしません。

テンプレートは別名で保存すれば簡単にコピー出来ます。デフォルトのヤツは間に合わせで作った貧弱なデザインなので各自で自分好みに改造しまくって下さい。

一応特徴は以下の通り。

  1. コメントが付けられます
  2. トラックバックの送受信が出来ます
  3. トラックバックは複数の場所に、更新時にも送信出来ます
  4. とりあえず動的生成です
  5. ログファイルはXMLで管理しますのでDBは不要です
  6. テンプレートが複数作れます

これから実装予定の機能は以下の通り。

  1. 静的/動的生成の詳細設定
  2. コメント・トラックバックの修正
  3. エントリーの公開日付の編集
  4. エントリーの下書き、封印
  5. マルチユーザー
  6. RSSの配信・RSSリーダー
  7. 画像ファイルの管理
  8. ファイルアップローダー
  9. プラグイン

tothenext2005Winter?

『神楽』の正式版をリリースしたらアクセス解析の方で新しい展開が待ってるかもしれないですよ奥さん。『6hot_~』はコアの部分を作ったのが1年ぐらい(以上)前で、しかも1週間でてけとーに設計及び開発したモノでして。基本的な仕様はver2.0.0になってもあんまし変わっていないんです。

当時のスキルと今のスキルじゃレベルが全然違うワケで。しかも、色々バージョンアップを繰り返す内に構造が複雑になってちょっと弄り難くなっちゃってるって事情もありまして。

・・・で、結局何が言いたいのかっていうと。・・・察して下さい。ニヤリ

『神楽』ver0.9.0公開停止について

PHPBlogツール『神楽』ver0.9.0αに関して、一時公開を停止します。すいません。理由は色々有るんですが、まず一番大きい理由がver0.9.0αがver1.0.0とシステム的に全然別物だという事。もちろん良い意味で。

しかしながらログの互換性はありませんので、スムーズに移行する事が出来ません。ver0.9.0αをリリースした時にはすぐにver1.0.0をリリースする予定だったんですが、予想よりはるかに時間がかかりそうなんです。

どうせダウンロードする人は10人ぐらいだろーなぁと思ってたんですが、それがマズかった。完全に予想を見誤りました。2桁ほど。もうなんていうか。ごめんなさいって感じです。これ以上ショボイ代物を使わせるのは酷だと感じた為の処置です。御理解下さいまし~

代わりと言ってはなんですが、ver1.0.0の開発中スクリーンショットを紹介します。圧縮とか加工してないんでちょっと重いです。。。

2ndAnalyzer

『神楽』はとりあえず置いといて(マテ、以前チラっと話をしていた新しいアクセス解析を作り始めました。テーマは「リファイン」。取得パラメータを大幅に見直し、『6hot_Analyzer』の半分以下にしました。とはいえ『6hot_』の機能限定版にするつもりはないです。

ブラッシュアップなダウンサイジングとでも呼びましょうか(とりあえず横文字使ってみました)。ゴテゴテと(ほとんど使わない)細かい機能が付いていて重い解析なぞいらん!とゆー人向けです。ファイル/DB両対応予定。リリースはまぁ気長にお待ちくだされ・・・

佑は全て独学なのデスYO。

結局の所、マトモにPCを触ったのはWindows98からなワケで。DOSとかCUIなんて知らない世代だし。グラフィカル万歳なイマドキ(死語)の若造に「コマンドプロンプトから操作しろ」なんて言ったってワカんねーッつの。

・・・ええと。『MySQL』を導入すべく奮闘してるんですが。なんかPHPとの接続が上手くいかんのですよ奥さん。コンソール入力ってヤツがどーにも不慣れでして。こーいう環境設定は今まで全部他人任せで済ませてきたからな~・・・う~みゅ・・・挫けそうデス。

MySQLインストール

悪戦苦闘の末ついにPHPとMySQLの連携が出来ました。Googleでこんなに時間を掛けて丁寧に調べたのはなんか久しぶりです。上手くいかない原因は分かってたんですが、解決方法が分からなくって苦戦しちゃいました。

現在の環境はですね。『WindowsXPSP2』『Apache2.0.50』『PHP5.0.2』『MySQL4.1.7』こんなとこ。MySQLの4.0と4.1はなんか仕組みがちょっと違うらしく、4.1を利用する時はPHP側の設定を変えないと連携出来ないんですよ奥さん。ちなみに4.0は「システムエラー:1067」で起動すらしませんでした。

ポイントは3つ。「PHP.ini」に「extension=PHP_mysqli.dll」という記述を入れる。「libmysqli.dll」をシステムルートに配置する。PHPのMySQL関数を「mysqli_connect()」という書き方にする。こんな感じです。同じように困っている人、試してみて下さいまし。

PHPクラスライブラリ

クラスライブラリを新しくしました。特に「File_util」クラスはバグが出ないようにパターンチェックを厳しくしてかなり改良。(メソッド名も微妙に変更)「Date_util」クラスもちょこちょこ変わってるかな。

汎用性の無いモノはいらないかなーと思って2クラス削りましたが次のリリース時にはまた気まぐれに増やすかもしれません。最近知ったんですがクラス名って予約語以外はなんでも使えるんですね。PHPの標準関数と同じ名前は駄目かと思ってました。・・・なので次のリリース時にはクラス名も変更予定。

最近PHPのフレームワークを作成中です。それを使ってDB版のBlogツールとDB版のアクセス解析を作る予定。

MovableType始めました。

別ドメインで研究用に『MovableType』を使ってみる事にしました。設置は思ったより簡単でサクサク動作します。バージョンを重ねているだけあってインターフェイスは綺麗で使い易い感じ。『神楽』はちょっと凍結気味にして、MTとログの互換性のあるツールを作ろうかなと思ってます。

今度はちゃんとしたオープンソースのプロジェクトとしてやるつもり。設計、開発、デザインまで自分以外の人にも関わって欲しいな、と。新しいアクセス解析もついでにね。あーでもフォーラム作るのめんどいなぁ。久しぶりにどっかから拝借してくるかな。とゆーわけで「WizarzNetwork」計画がついに発動・・・!?

alfine概要

『alfine』は『6hot_Analyzer』とどう違うのか。基本的には以下の3点に重点を置いて開発しました。

  1. ログファイルのダウンサイジング
  2. インターフェイスのリファイン
  3. マルチウィンドウによる操作性の向上

1.に関してはパラメータを大幅に整理する事によって実現してます。『6hot_』が「27」もあるのに対して『alfine』は「16」です。一番の違いはコレですね。重要度の低いパラメータは思い切って削除しました。

2.に関してはまぁ『6hot_』の一番の弱点でしたので頑張ってアレンジしてみました。デフォルトのグラフが月間から日間に変更してます。現在時刻より後の時間は前日のグラフになってます。

3.に関しては全部別窓で開くようにしたって事です。β版では連動してないんでイマイチありがたみが無いですが。別窓嫌いの人、ごめんなさいです。

内部的にはオリジナルのフレームワーク『Practica』をベースにしてるのでまるっきり別物です。テンプレートエンジンを使ってるので、開発がめっちゃ楽です。とりあえず、こんなとこ。正式版は4月リリース予定。

alfinever1.0.0release

そんなこんなで正式版リリースです。まぁ予定していたけど未実装の機能(DB対応とか)は次回のバージョンアップ時とゆーことで。なんかマトモなリリースってめちゃめちゃ久しぶりのよーな気が。…………。気のせいですね。

一番のウリは検索機能かな。コンセプトが違うので『6hot_Analyzer』の全てを凌駕した!とはぶっちゃけ言えないんですけどね。サンプルを比べてみて自分に合った方を選べば良いと思ってます。

サンプルが誤って認証有りになってました……orz

生ログ出力が上手くいかないにゃ~

アクセス解析のお話。サーバーのアクセスログ(生ログ)の出力先を変更したりしてこっちのフォーマットに変換して利用出来へんかな~と思って色々試してみてるんですが限りなく無理っぽい。……つーか無理。

Apatchの設定でログを任意のファイルに出力するとかスクリプトに渡すとか出来るんですが、それにはApatchの大本の設定変更が必要なんですよ。「.htaccess」ファイルで設定出来るかな~ってちょっぴし期待してたんですが、あえなく撃沈。……。てゆーか出来るなら皆やってるし。

リダイレクト等を利用してアクセスの度にスクリプトを起動する、といった方法も考えたんですが無限ループに陥ったりとか愉快な事になってますよ

ロボットの中の人も大変です

アクセス解析『alfine』の次期バージョンですが、検索エンジンのクローラー、所謂巡回ロボットを検出出来るようになります。ログを眺めてるとYahooのとか結構頻繁に来てたりしてて面白いですな。

逆にGoogleのは予想以上に少なかったりして。サイトにもよると思いますが、ウチは1日1、2回ぐらい。Googlebotはストーカー並によく来るって噂が有りましたけど、そんなでもないですね。こちらとしては大歓迎なんですが。

解析ぱらだいむしふと。

実はですね。「6hot_Analyzerver2.0.0」をリリースした時にもう技術的に「やり尽くした」かな~って思ってしまったんですよ。「alfinever1.0.0」も殆どの部分は今までの技術を整理、加工して見せ方を変えただけですし。

でも限界なんてそうそう有るハズも無いワケで。それは「勘違い」だったと最近は思えるようになりました。今更ですが1年近く経ってよーやく次のステージに行けます。「alfine」の次期バージョンは、そんな感じです。アクセス解析はまだまだまだ!進化しますですよ!!

GDライブラリはPHP4.3以降標準で付属。

ロマサガ歌Amazonから届かないYO!(涙) >>挨拶

最近PHPのGDライブラリを使った画像系関数にハマってます。色々試してみてる段階ですが、折れ線グラフとか3D円グラフとか結構簡単に出来ちゃいます。しかも少ない記述で。今まで使ったこと無かったんですが、ちょっと面白いです。

グラフ系では『JpGraph』っていうクラスライブラリが有名ですが、説明とか全部英語で書いてあるのでサッパリ読めません。なので自前でグラフクラスでも作ってみようかと思います。綺麗なグラフが作れるようになったらアクセス解析で使うかもです。

alfinever1.2.0release

そんなこんなでバージョンアップです。「ver1.0.0」から進化した点はかなーりあるんですが、一番大きいのは以下の3点かな。

これはJavaScript埋め込み型のアクセス解析では通常取得出来ないデータですが、ちょっと裏技っぽいやり方で可能にしてしまいました。裏技、といっても実は結構簡単な仕組みです。「.htaccess」で404エラー時にPHPのページに転送してそのページからデータを取得するだけ。まぁ下記の条件が必要ですけどね。

サーバーに「.htaccess」が置ける ロボット動作制御の「robots.txt」を置かない お気に入りアイコンの「favicon.ico」を置かない インターフェイスの変更点も結構あります。「リンクの開き方」が標準⇔別窓で選択可能になった事とか、indexでパラメータ集計も表示可能になった事とか。まぁぶっちゃけ6hot_Analyzerで既にやってたんですが使い勝手という意味では大きな変更点です。別窓嫌いの人も安心して使って下さい。

alfine開発裏話

『alfinever1.0.0』は『6hot_Analyzer』のりファイン、延長上という位置づけで開発を始めたんですが、途中からそれじゃ面白く無いと思って独自路線に変更になりました。それ故に「『6hot』と極力違う感じに作ろう!」という意識が強すぎて逆に使いにくい部分がありました。

特にインターフェイスは自分本位で好き勝手に作りすぎた感があり、ダウンロード数に跳ね返って来ました。『alfinever1.2.0』からは反省してユーザー本位になり、カスタマイズ性を高め、より使いやすくなるよう改良しています。「毎日使って楽しい解析」。初心を忘れずにこれからも進化し続けて行きたいですね。

CSS切り替えJavaScript更新

お遊びで作ったのにダウンロード数3位、妙に人気のあるCSS切り替えJavaScript『CSSSelector』。BBSにて要望が有りましたので、CSSのファイル名とセレクトボックスの表示名を別々に設定出来るように改良しました。

CSS切り替えJavaScript『CSSSelector』ダウンロード。

……てゆーかほんのちょびっと手を加えただけですけどね。日本語を設定する場合は、css_s.jsの呼び出しの部分に「charset="UTF-8"」と付け足して下さい。

<scripttype="text/javascript"src="css_s.js"charset="UTF-8"> </script>

オープンソース!

『alfine』のソースコードを公開しました。コメント書くの怠けてた所為でちょっぴし見辛いかも。バージョンアップが一段落したら、がっちりコメント書く予定です。……てゆーかなにげに30ファイルぐらいあるんですけど。いやーん。

サイト移転の際にリンク切れになっていた『6hot_Analyzer』のソースコードも見れるように修正しました。『AA_BBS』と『クラスライブラリ』の方はまだ修正途中で見れません。あしからず。

PHPフレームワーク:Practica1.0.0Release

『Practicaver1.0.0』 【download】 【source】 【readme】

「alfine」と「aa_bbsver3.0.0」のベースになっているオリジナルのPHPフレームワークです。小~中規模のスクリプト向け。解る人だけ使って下さい。簡単に言うと『.NETFramework』のPHP簡易版って感じです。

これは開発中断になっているblogツールを作ってた時の副産物。今後リリースするスクリプトは全部コレをベースに作っていきます。開発効率も保守管理も楽になるしね。因みに読み方は「プラクティカ」です。

NextRelease???

『alfine』の次期バージョンは6月4日(土)リリース予定!

以前の予告通り名称を変更しますのであしからず。なんか更新が早くてすいませんです。一応次のリリースで一段落って感じです。後はゆったり更新になると思います。

今、考えられるアイデアをほぼ全て詰め込んでみました。トータル的には『6hot_Analyzer』を超えたと自分では思ってます。こういう事言うのはアレなんですが、期待してもらって良いですよ?

alfinetoactivever2.0.0

アクセス解析は比較分析の時代へ。【active】、始動。

てなわけで「alfine」改め「active」ニューリリース。心機一転、バージョンも2.0.0にしてしまいました。今回の目玉はパラメータ統計の「先月比」。何で今まで誰もやらなかったんだろう?と思うぐらい単純で、かつ強力な機能です。眺めるだけでも結構楽しかったりして。

インターフェイスも全体的にリファイン。見やすくなったと思います。グラフ画像も「6hot_Analyzer」の使い回しを止め、一から作り直しました。カスタマイズ項目を色々と増やしましたので、自分色に染めちゃって下さい。

主な変更点は以下の通り。

activeのカスタマイズについて

アクセス解析『active』はインターフェイスのカスタマイズが色々可能な割と珍しいタイプです。どういったカスタマイズが出来るのかちょっと説明不足の感がありましたので、導入に躊躇してる人向けに一通り説明しますね。

上記は設定ファイルを書き換えるだけで変更が可能です。それ以外にもデザインには全て外部CSSファイルを使用していますので、細かいデザイン変更も可能です。(「act/css/」以下)出力されるHTMLも全てテンプレートHTMLで簡単に変更可能です。(「act/tmp/」以下)

ちょっと書くの忘れてたんですが、テンプレートHTMLで特に詳細ログ表示用の「detail.htm」は実は使ってないパラメータがあるのでお好みで追加するのも一興かと。追加出来る変数を以下に載せておきます。

『6hot_Analyzer』解放宣言

突然ですが『6hot_Analyzer』の開発を引き継いでくれる人、大募集です(何人でも可)。特に募集資格の基準は無いです。プログラム出来ないけどデザイン関連なら……という人も大歓迎です。

ver2.0.0をリリースしたのが2004年の6月。もう1年も放置プレイです。『active』をリリースした今、6hot_は佑の中では完全に過去のモノとなってしまいました。まぁ折角作ったんだし、このまま腐らせるのも忍びないと思いまして。今回の募集と相成ったわけです。

現在の佑のスクリプト開発スタイルはフレームワーク「Practica」をコアとした作りになってまして、6hot_を「Practica」ベースに書き換えるのは相当な手間が掛かるってのも理由の一つです。かといって過去の設計の延長で機能を付け足すってのも抵抗があります。ぶっちゃけもう触りたくないってゆーか。

興味のある方、BBSかメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。特に締め切りはありません。もちろん現在の設計、仕様、アルゴリズムに関しての質問には答えてあげられます。ちなみにリリースの方法とかスケジュールとか新版のネーミングとかは佑は関知しませんので好きにやっちゃって下さい。

????_blog

Flash作成は一休みして、休止中だったblogツールの開発を再開しました。なんかもう完全に機を逸してしまった感がありますが、まぁ自分用に。最初に作り始めてからもう足掛け1年半ですか……これはもう佑史上最大の難産ですね。

「再開」といっても「Practica」ベースにする為ほぼ一から作り直し。ま、これまで基本仕様からインターフェイス、ネーミングに至るまで二転三転どころか四転五転してますから。もう慣れっこです。

なにはともあれ、blogツールって基本的な機能だけでも規模がデカいんですよ。編集用と閲覧用、2種類作らなきゃいけないし。大体aa_bbsの2倍ぐらいですかね。完成は当分先になりそうです。

aa_bbsver3.0.0β

aa_bbsのお話。「ヘッドラインビュー」が思ったより使えなかったので撤去しちゃいました(実験的になんとなく作ってみただけですけどね)。代わりに「フォーラムビュー」を実装しました。過去ログを見る時なんかは「ツリービュー」より見やすいかもしれないデス。

そいでもってついでに「記事編集機能」を復活させました。ちなみに「記事削除機能」は無いです(付ける予定も無し)。そういう仕様ナノです。二重投稿防止機能をこれから作成予定。で、管理人モードを復活させればリリースと相成りますです。

Practicaver1.0.2Release

PHP?f=pra.1.0.2.zip">【Practicaver1.0.2】ダウンロード

PHPのフレームワーク「Practica」です。今回はバグフィックスメイン。機能の追加は無いです。2件のバグフィックスと使用頻度が低いと思われる「自動インクルード処理」を封印(コメントアウト)しました。プラグイン的な機能として作ったんですが、まぁいらないかな、と。「aa_bbsver3.0.0」はもうすぐリリースのヨカーン。

脈絡無くスクリプトダウンロード状況(延べ件数)

aa_bbsver3.0.0Release!

PHP?f=bbs.3.0.0.zip">【aa_bbsver3.0.0】ダウンロード   PHP/sample/bbs/"target="_blank"title="サンプル1">【sample1】

とゆーわけで約一年半ぶりの新版リリースです。メジャーバージョンアップ、というよりは全部作り直し。なのでver2.0.0とログの互換性は無いです。ごめんなさいです。(不完全なコンバータをこっそり忍ばせてありますが)

機能の追加、変更点は以下の通り。

DB専用アクセス解析

blogツールが90%ぐらい出来たので一休みして 「DB専用アクセス解析」を作り始めました。 作るよ~と宣言してから一年以上経ってるよーな気が しないでもないですが、ドンマイ

「6hot_Analyzer」と「active」の後継っていう位置付けです。 機能的には両者のハイブリッド+αで決定版とも呼べる 今までの集大成になります。目指せ究極

DBは「MySQL」「PostgreSQL」「SQLite」の3種類に対応予定。 とりあえず「SQLite」でローカルテストやってます。 「SQLite」手軽に扱えて良いですね。 PHP5だと標準で使えるのでPHP5が普及すれば メインストリームになれるかも。

完成はまだまだ先だと思いますが、こういう機能が欲しい といったリクエストがあったら今のうちにどーぞ。 有用なものはどんどん受け付けるつもりです。

あてにならないロードマップ其の弐

さてさて。恒例(?)のあてにならない今後の予定です。 まず、スクリプトのネーミングルールを統一したいと思います。 今までてけとーに付けて来ましたが、やっぱり統一感が欲しいなと。

でも今までの分かりやすい(?)ネーミングも捨てがたい…… なので「分かりにくいメインタイトル」+「分かりやすいサブタイトル」 の形にしようかと。例えば「なんとか/aa_bbs」みたいな。 メインタイトルはある程度の「縛り」があった方がいいですね。

例えば『MacOSX』だとジャガーとかタイガーとか猫科の動物で 統一されていて格好いいですよね。まぁそんな感じで。 なんかいいアイデアがあれば教えてください。

あてにならないロードマップ其の参

んで、前回の続き。配布しているPHPスクリプトのラインナップを 整理したいと思います。「テキストカウンター」と「クラスライブラリ」 は削除する方向で。カウンターは「アクセス解析」に、 ライブラリは「フレームワーク」に含まれるからです。 単体での需要ってのはあんましなさそうだし。

アクセス解析なんですが、最初はDB専用に一本化しよーかと思ってたんです。 でもよく考えたらDBが一般的になっても、気軽に扱えるファイル形式の需要は 無くなりはしないかなと。まぁそんなこんなで「DB専用」と「ファイル専用」 の2種類にします。「6hot_Analyzer」には引退勧告を突き付ける予定。

これ以上レガシーなスクリプトを未練たらしく置いておくのはアレなので。 取得パラメータの多さは「DB専用」に、それ以外のユニークな部分は 現「active」(また名前変えます)の次期バージョンに受け継がれます。

で、「blogツール」が上記に加わると。「フレームワーク」と 「aa_bbs」は名前を変えますが現在の路線で据え置き。 現在の予定はこんな感じです。あとは自分用に2chブラウザとか欲しいかな。 PHPで作ればIEとかでシームレスに使えるしね~

Aqua/little_blog0.8Release!!

てなわけでblog作成ツール、リリースです。 以前言ってたネーミングルールも決めました。 「色の名前/サブタイトル」の形です。 色の名前だったら種類が多くてネタに困らないかなと。 「アクア」は水色。

ターゲットは「既存のコンテンツはそのままに日記だけblogにしたい人」。 「流行のblogってのを使ってみたいけど、サイト全体を作り直すのは大袈裟だし、面倒だな~と思ってる人」。 一応基本的な機能は一通り揃えましたがβ版なので 実装してない機能とかあります。そこらへんは正式版で実装予定。

フレームワークの名前も「Practica」から 「Wistaria/light_frame」に変更しました。 「ウィスタリア」は西欧の藤色。 日本の藤色とは微妙に違うっぽいです。

フレームワークはこれまで各種スクリプトの アーカイブファイルに含めてたんですが、 バージョン管理が面倒になったので分離しました。 お手数ですが別途ダウンロードして下さいまし。 各種スクリプト共通で使用するので1つだけ設置します。

Web2.0っぽい解析。

え~開発中のDB専用アクセス解析「S」(コードネームね) ですが仮のデザインをてけとーに作ったまでは良かったんですが、 なーんかイマイチしっくりこなくて1月以上放置プレイしてました。 (データ取得部分は殆ど出来てて実際に動かしてます)

スクリーンショット1   スクリーンショット2

まぁこんな感じで。あくまで仮デザインですから。 どーにもこーにもアレなので、とりあえずお試し版として 年内にα版をリリースしようと思ってます。表示の機能は全然出来てませんけど。 DBってデータの削除が面倒なので削除ツールも付けようと思います。

で、最近は『active』の次期バージョン「L」(コードネームね)を作ってます。 「Ajax」を一部使ってるので「Web2.0」っぽい解析と言えるかもしれません。 詳しくはまだ内緒ですがw「Ajax」ってこういう事も出来るんだよ~ という応用例を提示しますですよ。

「L」は全てのコードを総チェックしてアルゴリズムの最適化を図りました。 全体的にパフォーマンス(動作速度)が上がってると思います。 相当チューニングしてますよ。なにせ5,6割は書き直してますからね。 こっちのリリースは来年以降ですね。気長にお待ちくださいませませ。

Aquaの仕様に関して色々。

ブログツールの『Aqua/little_blog』は現在トップページのみ静的HTML、 その他のページは動的HTMLを生成してるんですが、 エントリー毎にも静的HTMLを生成しようかと思います。 いわゆる「Permalink」ってヤツですね。

テンプレートを変更した時のリビルドでサーバーの負荷が高いかな~と 思ってたんですが、リビルドってあんましする機会無いし 総合的には静的HTMLの方がいいと思われ。

後、コメントフォームのメールアドレス欄を削除しました。 個人情報保護祭りが流行してる昨今、 安易に晒す人も皆無だろうし、だったら最初から記入欄を無くしてしまえと。 SPAMメールウザいですからね。 ちょっとでも晒してしまうと速攻で送られてきますよ。

RSS2.0に対応してみました。

『Aqua/little_blog』ですが「RSS2.0」も出力出来るようになります。 「RSS2.0」の仕様を見て思ったんですが、「RSS1.0」より遥かにシンプルで分かりやすいですね。 てゆーか「RSS1.0」っていらなくね?日本では「RSS1.0」を出力してるサイトの方が多い (海外では「RSS2.0」)って話ですが、「RSS2.0」に統一しましょうよ。この際。

あと「Atom」も対応予定だったんですが、知名度低いしやめてもいいですか? なんか名前がアレなので。まぁ好みの問題です。 サイトを見る人にとってはRSSのバージョンなんて どーでもいいかもしれませんけどね。

プログラミングを始めた動機とか。

なんか書くネタが無いので自分の「プログラミングを始めた動機」 ってのを語ってみよーかと思いますです。まぁ単純な理由なんですが、 「オリジナルの掲示板を作りたかった」から。

それまでフリーで配布されていたスクリプトを HTMLの部分だけカスタマイズして使ってたんですが、 自分で全部作ってみたいという欲が出てきまして。

まぁ最初は宇宙語のよーなソースを見るだけで頭がクラクラしたし、 こんなのをちまちまと何百行、何千行も書くなんて 正直プログラマーって変態に違いないと思いました。 ぶっちゃけ。自分にはとても無理だと思いましたよ。

でも「クリエイティブな事したい!」って気持ちが当時は(今でもですが)溢れてたワケでして。 諦めずにプログラミングの入門書と格闘しつつ、 どーにかこーにか作り上げたのが「aa_bbs」(のプロトタイプ)。 だから「aa_bbs」には初めての作品って事で個人的に思い入れがあるんですよね。 今でこそアクセス解析ばっかり作ってますが……掲示板も好きですよ?

Aqua/little_blog0.9Release!!

え~てなわけでblogツールの新版、リリースです。

PHP?f=aqua.0.9.0.zip">Aqua/little_blog0.9ダウンロード

色々といじっておりますですよ。多少はマトモになったかな。 管理モードのデザインは来年リリース予定のアクセス解析と 合わせました。まぁあんまし変わってないという噂も。

主な変更点は以下の通り。バグとか要望とかありましたら 遠慮なくBBSとかコメント欄に書き込んで下さい。

Aqua/little_blog0.9.1Release

PHP?f=aqua_bugfix1.zip">Aqua/little_blog0.9.0→0.9.1差分ファイル

え~すいません。単純ミスでトラックバックが送信出来ない状態でした。 上記ファイルを上書きアップしてくださいませ。 設定ファイルの定数名を変更したのに一部変更し忘れた部分がありました。 いつものミスですよ。

何処へ行くの、DB

え~毎度おなじみ路線変更のお時間でございますですよ。 以前「DB専用アクセス解析」を作ってるって言いましたが やっぱり止めました。 代わりに「Lapis(active)」でDBを使う事にします。 通常のファイルとDBをユーザーが選べる形で。

何故かというと(手前味噌ですが)「Lapis(active)3.0.0」の完成度(機能) が思いのほか高くなり、新しく作って同じレベルに持っていくのが 困難になってしまったから。あとやっぱりブランドは分散させるより 統一した方がどちらにしようか迷わなくて済むと思いますので。

まぁ既に「DB専用」で使おうと思ってた機能のいくつかをフィードバック させてある状態だったんで、もういっそのこと。 DB対応は「3.0.0」の次のバージョンになる予定ですので、 お間違いのないように。

色々とDB対応。

「Lapis」のDB対応が着々と進行しつつありますですよ。 書き込み部分はほぼ終了し、表示部分を作ってる最中です。 月間ログ集計は「3.0.0」で色々と複雑な フィルタリング機能を追加したんで、 それをSQLで再現するのは結構面倒だったりします。

まぁのんびりのほほんと開発したいと思う所存。リリースは当分先ですね。 まずは1/14にリリースする「3.0.0」を堪能して下さい。 で、こっちが終わったら「Aqua」の方もDB対応にしようかなと考えてます。 要望が有ればですが。自分は特別必要無いかな~と思ってますけど。

……え?ひぐらし?セミがどうかしたんですか?

Lapis/tiny_analyzer3.0.0Release!!

PHP?f=lapis.3.0.0.zip">Lapis/tiny_analyzer3.0.0ダウンロード

べ、別にあなたの為に作ったわけじゃないんだからっ! か、勘違いしないでよねっ!使いたいんだったら勝手に使えば!(ツンデレ風)

てなわけで「active」改め「Lapis/tiny_analyzer」新版リリースの巻。 「Lapis」は「ラピス・ラズリ」(瑠璃色)の略。 約半年ぶりのメジャーバージョンアップですね。 こんなに改良点が残ってたなんで自分でもびっくりです。

今回の目玉は「アクセスルートのポップアップ表示機能」です。 いちいちクリックするの面倒だったんでこの機能を付けました。 この部分に流行の「Ajax」を使ってます。 本当はJavaScriptだけでも出来なくは無いんですが 「Ajax」でやった方がスマートかなと思ったんで。

他には実際のページ上にクリック率を表示する 「ページオーバーラップ」や同じくクリック率を表示する アクセスルートの「ツリーダイアグラム」(樹形図)なんかも実装しました。

ここらへんは市販されているアクセス解析でよくある機能。 「ビジュアライズ」って自分は勝手に呼んでます。 フリーウェアでこういう酔狂な機能を実装してるものは多分他には無いでしょう。 なかなか面白い機能だと思いますので是非一度ご覧あれ。

追加機能の一覧は下記の通り。

Lapis/tiny_analyzer3.0.1Release

PHP?f=lapis_bugfix1.zip"target="_blank">3.0.0>3.0.1差分ファイル

え~色々とバグ修正しました。ログが無い状態での不具合って 結構見落としがちなんですよね~気を付けますですよ。

Ajaxインターフェイスデザイン

「Lapis」の別窓で開く部分を「Ajax」で表示したらどうなるかな~と思って 色々実験してみたんですが……レスポンス遅ッ!! 「NowLoading...」とか表示させて誤魔化さないと体感的に凄く遅い。 ぶっちゃけ別窓表示の方が速く感じます。

う~みゅ。どうやら受信するデータ量が多い場合は普通に画面遷移するより レンダリングに時間が掛かる場合がある模様。 リロードしても最新の情報が取れないし、「Ajax」も万能ってワケじゃないのね。

ただ、デザイン的には別窓で開くより自由度が上がる(枠をいじれる)ので 研究は続けていきたいと思いますですよ。

Lapis開発裏話

「Lapis3.0.0」で実装された目玉(?)機能「ページオーバーラップ」 と「ツリーダイアグラム」(樹形図)ですが気に入ってもらえましたでしょうか。 え?知らない?使え☆ 「ページオーバーラップ」の方が派手で凝った造りになってるような 印象があると思いますが、実はこっちの方がちょ→簡単な仕組みなんですよ。

2時間ぐらいでサクっと出来ちゃいました。何十万円もする某商用アクセス解析ではIE用の プラグインを使って実装してましたが、アホちゃうかと思いました。 元のHTMLにCSSとJavaScriptを挿入するだけで実現出来るのにね。

で、難しかったのは「ツリーダイアグラム」の方。何度挫けそうになったことやら。 ソース見てもらえばわかると思いますが、 まろやかでいてコクがある上品な味わいの中にもふんわりとした雅豊かなテイストが 主張しすぎない絶妙なバランスで仕込んであるアルゴリズムになってます。

Wistaria/light_frame2.2.0Release

てなわけで新版です。変更点は以下の通り。

『Lapis3.5.0』への伏線。 っていうかバージョンアップは必須です。 何でかって言うと『Lapis3.5.0』ではCSVとDBの2つを 切り替える為に従来の仕組みじゃ無理だったから。

てなわけで『Lapis3.5.0』の為に新しく基幹クラス (Meta_Plusクラス)を作りました。まぁ普通のスクリプトで こんな複雑な分岐処理は必要無いと思いますので 従来のMetaクラスはそのままです。

Ajaxを利用したアクセス解析ツールmapsurface

Ajaxを利用したアクセス解析ツールmapsurfaceというのを発見したんですが…… 凄いですね。なるほど、こういうアプローチで来たか、という感じです。 Ajaxは使い方次第でトリッキーな事も簡単に出来ちゃうよ、という良い見本。

MacOSXのウィジェット風というのがかっちょええですな。 Lapis4.0で実験的に実装してみようかな。 Ajaxインターフェイスに関しては既にノウハウが有るし。 ページオーバーラップも実装済みだし。

Lapis/tiny_analyzer3.5.0βRelease!

PHP?f=lapis.3.5.0b.zip">Lapis/tiny_analyzer3.5.0βダウンロード

158ファイルとかありえない。ぶっちゃけイナバウアー。 CSVとDBを同居させたらこんなんなっちゃいました。てへっ☆ 当社比50%増量でお届けです。 まぁ『MovableType』の700ファイルよりは大分ましだと思います

今回はちゃんとした「β版」としてのリリースです。 今までてけとーに名前だけ「β版」と付けてた事もありましたが 「β版」の意義というのは「正式版の為のバグ発見版」なんですよ。 なので「バグがあって当然」と言いますか。バグレポート大募集です。

特に「PostgreSQL」が使える環境にある人、求む。 コネクト部分が上手くいかない可能性があるので。 コネクトが成功すれば大体問題ないと思うんですよね。 SQLは汎用的な書き方してるし。

Lapisのロードマップとか。

というわけでリリースを繰上げした「Lapis」について。 「3.5」の次は「4.0」って言ってましたが、「3.6」になるかもです。 というのも予定してた機能を検討した結果、いくつかをボツにしたので。

具体的には条件検索を発展させて「Web2.0」っぽい「タグ付け」とか 「キーボード入力によるショートカット」とか 「都道府県」の「地域別グルーピング」とかだから何? と言われそうな機能です。思いついた時はイケる!と思ったんですが 冷静に考えてみたらあまりにもニッチ過ぎる機能ばっか。

いくら高度でも「難しくてあまり使われない機能」より 単純でも「分かりやすくて使われる機能」の方が好いんですよね。 ユーザー本意で作るって決めたのに、自己満足で暴走する所でした。 危ない危ない。何はともあれ……まずは「3.5」を堪能して下さいまし。

Lapis/tiny_analyzer3.5.0Release!

てなわけで新版リリースの巻。 今回は記念すべき「DB対応」第一弾なバージョンアップです。 以前変更点はDB対応だけで機能追加は無いって言ってましたが、 それじゃ寂しいかなと思ったんで 次バージョンで入れる予定だった機能をいくつか実装しました。 まぁ簡単なものばかりですが。

あと言い忘れてましたが、DBだと利用できる機能が色々と増えます。 今後の事も考えて、DB利用を推奨なのです。 切り替え自体は「ini/conf.ini」「ini/db.ini」で簡単に設定出来ます。

デザインも色々と細かい部分を調整しました。 初期の頃と比べると大分洗練されてきたかと思いますですよ。 個人的にはヘルプの改定が大きいかな。 今までてけとー過ぎた造りだったんで、ずっと直したかったんですよね。 まぁ誰も見ないだろうけど

主な変更点は以下の通り。

で、ついでにblogツール『Aqua』は公開休止とさせて頂きました。 DB専用として新しく作り直すので。要望があれば今のうちにどうぞ。

Web2.0っぽいBBS。

今雑談用に新しくBBSを作ってるんですが、かなーり先進的で 面白いBBSになりそうな予感。blogとかwikiっぽいです。 『はてなダイアリー』+『はてなブックマーク』みたいな。 物凄くWeb2.0的。Ajaxもフル活用ですよ奥さん。

今までに無いタイプのBBSだと思います。 blogの登場により影の薄くなった感のあるBBSですが、 アイデア次第でまだまだ現役になれますよ! 楽しみにしてて下さい。てゆーか自分が楽しみです。 BBS復権の切り札!それが「ソーシャルBBS」なのであります!

Web2.0っぽいBBS。其の弐

「ソーシャルBBS」は「古くて新しい」がコンセプト。 なのでぱっと見普通に見えるかもしれません。 インターフェイスは2chインスパイヤです。(read.cgiね) なんだかんだ言って、アレはアレで分かりやすいと思うんですよね。 時系列順になってるし。

スレッドフロート式では無いので、あのごちゃごちゃしたスレ一覧は無いですけども。 「2chのシステムを最新の技術で作り直したらどうなるかな?」 とゆーある種の実験でもあります。 出来れば2、3日中には完成させたい所存でありますですよ。

雑談BBS、オープンの巻

最近プライベートで色々ありまして、ちょっと更新がサボリ気味です。うぃ。 察して下さい。てゆーか連絡待ちという精神衛生上よろしくない状態なのです。

それはさておき……雑談BBSを新たに設置しました。それに伴い旧BBSはサポート専用に。 まぁ今までも殆ど専用でしたけど。新BBSは『Cyan/tiny_bbs』と名付けました。 書き込みが増えればWikiっぽい繋がりが出来るのでよろしくです。

要望があれば配布しますけども、ちょっと特殊なので需要なさそうですね。 で、ついにblogツールの改定に取り掛かりました。あーやっとこさ。

Lapis3.5.1&Wistaria2.2.1Release

色々とバグ修正しました。それにしても…… CSVとDBのハイブリッド環境、作るの面倒だしバグは頻出するはユーザーは混乱するは でもう大失敗ですね。ハハハ。こやつめ。

優柔不断な日和見戦略は完全に裏目に出ましたよ、と。 決めた時はベストなアイデアだと思ったんですが、 完全に判断を間違えました。教訓にしますですよ。

てなわけで「3.5.2」はCSV専用に戻し、DB専用の「3.6.0」と同時リリースにする予定。 そんな感じで。

Aqua/tiny_blog

blogツール「Aqua/little_blog」を現在DB専用に作り直してるんですが、 なかなかイイ感じです。過去に何度も作り直してますが、 ようやくまともなのが出来そうです。雑談BBSで使用してる「Cyan」 をベースにして、殆ど0から作り直し。

名称も「Aqua/tiny_blog」に変更しますですよ。 「tiny」シリーズって事で。無軌道ネーミングからようやく脱出ですね。 てゆーかなんでこんなに迷走してるのか自分でもよくわからないんですが。

Lapis3.6.0+Midnight2.3.0Release!

突然ですが新版リリースの時間です。本当は5/12あたりにリリースしようかと 思ってたんですが……GW暇過ぎてカッとなってやった。今は反省している。 大きな変更点はDB専用になった事ですかね。 それに伴ってDB不要版として「LapisLite」という名前で「3.5.2」を同時リリース。

以前さりげなーくアナウンスしてた「Wistaria」の名称変更ですが、 「Midnight/tiny_frame」になりました。これでもう変更はないハズ。……多分。

Lapisの主な変更点は以下の通り。

バグフィックス祭り開催中。

PHP?f=lapis_bugfix2.zip">Lapis3.6.0→3.6.1差分ファイル

PHP?f=lapis_lite_bugfix2.zip">LapisLite3.5.2→3.5.3差分ファイル

「ini/conf.ini」の「dm_check」設定でドメイン名に「www.」(サブドメイン) が含まれている時にページ番号が取得出来ないバグを修正。 ページURLには「www.」をカットする処理を入れてたんですが、 チェックするドメインにはカットする処理を入れ忘れてました。orz

それとなんか色々上手く動作しないと噂の 「外部リンクへのアクセス取得」の仕組みををPHPからのリダイレクトから Ajaxでこっそり(バックグラウンドで)取得するよう変更しました。 いやーやっぱ使えますね。Ajax。色々応用出来て便利です。 まぁ、そんな感じで。

バグフィックス祭り再び。

PHP?f=lapis_bugfix3.zip">Lapis3.6.1→3.6.2差分ファイル

DBに関する変更を色々と行いました。あと、readme_lapis.txtもほんのり変更。 フレームワークもちょびっと機能追加しましたので併せて更新願います。

※超絶的に関係無い追記

2006年5月20日現在「祭囃し編」でググると公式サイトよりもウチのプレイ日記準備ページの方が上にきてしまいます。罠かな?まぁ嬉しいからいいんですけどね。てゆーかどうせなら1位にしてよさてさて、どこまでこの順位を保てるのかな?

withAAエクステンション!

PHP?f=with_aa.zip"title="ダウンロード">Lapis用withAAエクステンション    PHP/sample/lapis/index3.PHP"target="_blank">動作サンプル

『6hot_Analyzer』に搭載されていた伝説のお遊び機能がついに復活!! 騙されたと思って騙されて下さい。 実用性なんか気にしては駄目

「エクステンション」とは付け替え可能な追加機能の事。 「プラグイン」とか「モジュール」とか呼ばれたりもします。 PHP本体の追加機能が「エクステンション」と呼ばれているので それに倣いました。「プラグイン」よりなんとなく格好良さげだし。

半年ぐらい前には既に出来てたんですけどね。 最近バグ修正が頻発してリリースのタイミングが遅れました。 エクステンションは今のところ3つほど考えてますが、第一弾です。 ちなみに「Lapis3.6.0」以上が対象ですのであしからず。

Aqua、新生。

永らく配布休止にしていた『Aqua/tiny_blog』ですが6月末に 「ver1.0.0β」をリリースするかもです。ログをCSVからDBに変更、 管理画面のインターフェイスも某MT風になります。 旧版はなんとなく『Lapis』とデザインを合わせてたんですが、 無理に合わせる必要も無いかな、と。

blogの表示は色々と仕様が変わります。 コメント&トラックバックの別窓表示を廃止したり、 コメントフォームやナビリンクもかなり変更してます。 まぁこのサイトでも使ってるので見ての通り。こんな感じになります。

旧版はパス設定がイマイチ曖昧な感じでサーバーの設定によっては ちょっとおかしくなる可能性もあったんですが、 新版は開き直ってフルパスをユーザーにしっかり設定してもらう事にしました。 まぁ設置時の1回だけですので、そこらへんは耐え忍んで下さいまし。

Lapisのさくらインターネット対応の件

PHP?f=sakura_opt.zip">さくらインターネット用オプションファイル(CGI版PHP用)

え~永らく調査中となっていました「Lapis」の「さくらインターネット」での 運用ですが、オプションファイルを作成し正常動作を確認しました。 「さくら」に関してはいつもいつも「鬼門中の鬼門」と表現してましたが、 あっさり解決しちゃいました。

ちなみに PHP?mode=one&parent_id=3853"target="_blank">こちらのページ を参考にさせて頂きました。先日の「Midnight2.3.2」は無かった事にして下さい。では。

アクセス解析開発裏話其の壱

えーぶっちゃけた話、佑はアクセス解析が大嫌いでした。 なにやら怪しげなプログラムが裏で動いているという感じで 得体が知れないと思ってました。ストーカー増殖装置?

アクセス解析開発裏話其の弐

で、前回の続き。知人に頼まれて作ったのが 「6hot_Analyzer」のプロトタイプなんですが、 設計とコーディング、併せて1週間ぐらいでしょうか。 今のレベルから考えるとおもちゃみたいなショボい出来でした。

FullParamエクステンション!

PHP?f=full_param.zip"title="ダウンロード">Lapis用FullParamエクステンション    PHP/sample/lapis/index4.PHP"target="_blank">動作サンプル

えーてなわけで『Lapis』用機能拡張エクステンションの第二段でございますですよ。 今回は実用性重視です。通常ではindexに表示される統計は「light_param」 という名の通り簡易表示なんですが、このエクステンションを使うと 「先月比」や「パラメータグラフ」が全て表示されます。 もちろんその分表示速度は落ちますけどね。

例によって「Lapis3.6.0」以上が対象ですのであしからず。

あてにならないロードマップ其の六

毎度お馴染み「ロードマップ」のお時間でございますですよ。 現在稼動中のプロジェクトは『Aqua/tiny_blog1.0.0β』と 『Cyan/tiny_bbs1.0.0β』と『aa_bbs3.5.0』。 Aquaは6月下旬とかこないだ言ってたような気がしますが 幻聴です

どの程度の完成度でリリースするのか、というのはなかなかに 判断が難しかったりするのですよ。そんなこんなで気長にお待ちくだされ。

で、例によって全然関係ないんですが「IE7Beta3日本語版」が公開されてたので 早速試してみました。「Beta2」で一番駄目駄目だった レンダリングの速度、安定性が目に見えて改善されてますね! これは正式版を期待出来そうな予感。

Aqua1.0.0β1の予感。

blogツール『Aqua/tiny_blog』のお知らせ。えー永らくお待たせしておりますが、 ついに7月末(?)再々リリース予定でございますですよ。え? 待ってない? ハハハ。こやつめ。

リリースに向け、ただいま鋭意開発中です。以前もアナウンスした通り、 以前のバージョンとはまったくの別物になります。 具体的にはこんな感じです。 例によってベータ版なのでいくつか使えない機能があったりしますが、 気にしないで下さい

次世代インターフェイス。

えー忙しいのとネタが無いので「Lapis」の今後の事でも。 次期バージョンではインターフェイスを思い切って変更しよーかな、とか考えてたり。 基本的な部分(別窓表示とか)は最初のバージョンから殆ど変えてないんですが、 今のインターフェイスがベストな形とはぶっちゃけ思っていません。

以前別窓ではなくAjaxで試しに作ってみましたが再チャレンジ。 まぁ無理にAjaxを使わなくても良いんですけどね。 色々模索してみたいと思います。 参考意見等あれば遠慮なくどーぞ。

Aqua/tiny_blog1.0.0Beta1Release!!

PHP?f=aqua"title="ダウンロード">Aqua/tiny_blog1.0.0Beta1ダウンロード

開発開始から実に2年半。二度の公開、休止という迷走。 幾度の名称変更、仕様変更を乗り越え、ついに私は帰ってきた!! ……つーか、時代の波に乗り遅れてる気がしなくもないですが。

というわけで来週リリース予定でしたがなんとなく前倒ししてみました。 ログ形式も「CSV」から「DB」に変更し、インターフェイスも大幅にリファイン。 以前のバージョンとはまったく別物になりました。

大きな変更点といえばSPAM防止用にコメント・トラックバックの投稿に 「NGワード」を設定出来るようになりました。IP規制とか考えたんですが、 コレが一番単純かつ効果的だと思います。 SPAM特有の単語を分析し、きちんと設定すれば99%以上ブロック出来ます。 実際に自分が設定した所、SPAMは殆ど無くなりました。

ご意見、ご要望、バグ報告は随時受付中です。BBSもしくはメールにてお気軽にどうぞ。 まだまだ発展途上ですが、生暖かく見守って下さいまし。

最後発シングルカラム特化型blogツール、華麗にRe:Start。

MidnightCarnival

今まで自分だけ解ればいいや、というノリで作ってたフレームワーク『Midnight』ですが 次期バージョンでちゃんとしようと思います。 特にドキュメントがてけとー過ぎました。 使ってもらおう、という努力が明らかに足りてない

アーキテクチャの見直し、基本機能・クラスライブラリの強化、ドキュメントの整理、 サンプルスクリプトの作成(出来れば)。こんな感じですかね。 今まで完全オリジナルで思いつくままに作ってたんですが、他のフレームワークも参考にして 良い部分は取り入れたい所存でありますですよ。

まぁごてごて機能を増やしても重くなってしまうのでほどほどに。 『Midnight』は軽量高速動作が基本コンセプトですから。

あてにならないロードマップ其の七

毎度お馴染みロードマップのお時間です。えー各種スクリプトのネーミングですが、 やっぱりサブタイトルは長いのでやめようと思います。 例えば『Lapis/tiny_analyzer』は『Lapis』になります。 元々コレはデザイン上の問題で無理やり付けただけだったりします。 管理画面でタイトルの右側が空きすぎるかなーって。

で「Lapis」の次期バージョンはデザインを大幅に変えるかも、 という話を以前しましたがこれはサブセット(別スクリプト) という形で展開したいと思います。そっちの方が実験しやすいし。 てなわけで見た目はあまり変わりませんが、機能的には色々と仕様変更して 根本的な部分に手を入れてます。

……まぁ最初からそうしとけというような変更点がありますが、 試行錯誤してるというポジティブシンキングでよろしくです。

MidnightDiver

とりあえずフレームワーク『Midnight』の改定作業を開始しました。 『ZendFramework』とか『Maple』とか『Ethna』とかを参考にしてます。 Midnightは厳密に言うとMVCじゃないんですよね。 どうせViewがメインになる事が多いのでModelと統合してます。 分けると無駄(オーバーヘッドとか)が大きそうなんで。

エラー出力制御、認証、DB接続、プレフィルター、ポストフィルター、 ライブラリの動的ロード、出力バッファリング、とか機能はこんな感じですかね。 ディレクトリの名前とか構成を従来とは大幅に変えてます。

……てゆーかLapisの新バージョンはそれに合わせて書き換えないといけないので リリースはちょっと(?)遅れるかもです。来年になるかな?

Lapisのバグ? とか進捗とか。

バッハみたいな髪型の人を電車で見かけたよっ☆ 罠かな?>>挨拶

Lapisでなんかリファラが途中で途切れるようになったなーと思ってたら DBのテーブル定義で60文字に制限してました……orz あーばかばかばか! URLだと60文字は明らかに足りてないです。 次バージョンでは200文字ぐらいに拡張しますですよ。

とりあえずフレームワークの改定がよーやく終わりました。 現在Lapisをそれに合わせて作り直してる最中。 新しい機能とかは既に実装済だったりします。 ただ、データの書き込み部分をフレームワーク経由にしたりと 大幅に手を入れるのでやっぱりリリースは遅くなりますね。

インターフェイスデザイニング

最近なんか更新サボり気味ですが、生きてますよ。 Lapisの新バージョンにかかりきりです。 インターフェイスを変えようかどうか未だに悩んでたりします。 別窓を止めようかと。

オーソドックスに左メニューとかが分かりやすいのかな。 でもそうするとグラフ系がレイアウトのネックになっちゃうんですよね。 横幅の問題です。どうせなら全体的に統一されたデザインにしたいし。 なんかいいアイデア無いですかね?

Midnight2.4.0Release!

てなわけでフレームワークを更新しました。てゆーかディレクトリ構成を変えてます。 互換性維持の為旧ディレクトリにあるファイルは変更してないので、 現状のスクリプトでは何も変化しないんですけどね。

「Lapis3.8.0」(新バージョン)への伏線です。 「Lapis3.8.0」は「Midnight2.4.0」が必須になります。 「Midnight2.3.1」では動きませんのであしからず。

一番大きい点は出力バッファリングを行うようにした事かな。 ブラウザで見る時にgzip圧縮転送でデータが送られるので素早く表示されます。 はっきり言ってパフォーマンスチューニングは大好きなのだ! コレだけでご飯三杯はいけます。

あてにならないロードマップ其の八

アクセス解析「Lapis」の新バージョンは以前「3.8」とアナウンスしましたが インターフェイスを大幅に変更するので景気良く「4.0」にします。 初期バージョンからの伝統だった「別窓表示」をついに廃止。 新しく生まれ変わります。

進捗状況はフレームワークの新アーキテクチャ対応が完了。 機能面での作業はほぼ終わり、現在はデザインの調整中です。 見た目の印象がかなり変わるので、 前の方が良かったという人も中にはいるでしょう。 そんな人はバージョンアップしない、というのも一つの選択肢だと思います。

とりあえず10月中にβ版リリース、バグとか細かい部分を調整して 年内に正式版リリース、と言った感じですかね。

着々と。

なんかゲームネタが無いとこんなにも静かなサイトだったんですね。 更新サボリ気味の昨今、アクセス数も絶賛降下中でありますですよ。 そんなこんなで「Lapis4.0」のデザインが段々と出来上がりつつあります。 こんな感じで。

パラメータ統計とかのフィルタリングリンク(右側のやつね)もタブっぽく しようとしたんですが、綺麗に表示させるのが難しかったんでそのままです。 技術的敗北ってやつですね。ハハハ。こやつめ。

追記。IEの独自拡張のスクロールバーの色指定CSSに関してIEのコンポーネントにバグがあったんですが(IE7でも直ってないっぽい)回避策が判明したので対策を採っておきました。これで『Sleipnir』とか『Grani』とか『Lunascape』で見てもバーが消える事は無いハズ。

Lapis4.0Betaはもうすぐ。

えー更新をほったらかしてまでずっと開発をしてましたが、 多分10月9日にはβ版をリリース出来そうな感じです。 まぁあくまで予定ですが。 ちなみに正式版のリリースと同時にサイトも新デザインに切り替える予定。 そこんとこよろしくです。

Lapis4.0.0Betaリリース。

PHP?f=lapis4.0.0b.zip">Lapis4.0.0Betaダウンロード

えーてなわけでβ版、リリースです。まだ実装してない機能とかありますが、 大体こんな感じで。バグレポートは随時受付中です。お気軽にどーぞ。 しっかし随分と見た目が変わった所為でまるで別物ですな。 慣れるまでちょっと時間かかるかも。

Lapis 4.0.0 Beta2 Release!

Lapis 4.0.0 Beta2 ダウンロード

え~予告通りにBeta2のリリースです。つーかほとんど完成です。 今後バグがあれば修正し、正式版ではPHPのエラーメッセージは表示させないようにします。 といってもエラーログの出力はしますし、「エラー」の画面で確認出来ますけどね。 感想やバグレポートは随時受付中ですのでよろしくです。

なんか今回はやたら困難な道のりでした。ちょーお疲れモードです。 あーしばらく何もしたくない。

Lapis 4.0.0 特設ページ開設

ソレっぽい特設ページを作ってみました。 やっぱ文字だけで説明されるより画像を使った方が格段に分かりやすいですね。 (最後のアレは洒落ですので気にしないようにw) ちなみにダウンロードはBeta2になってますのであしからず。

Midnight 2.4.1 & Lapis 4.0.0 Beta3 Release!

Midnight 2.4.1 ダウンロード   Lapis 4.0.0 Beta3 ダウンロード

えー12月にリリース予定でしたが都合により緊急リリース。 XREAではサーバー自体でgzip圧縮転送している関係で スクリプト側で圧縮転送を行うと、上手く表示されないという事が判明しました。 なので圧縮転送の使用可否をフレームワークで設定出来るようにしました。

ついでにさくらインターネット用オプションファイルもこっそり更新しておきました。 で、Lapis4 ですがXREAユーザー向けにちょっとした仕込みを入れておきました。 IE7やモダンブラウザで見てみると……幸せになれるかもしれません。

ちなみに Lapis4 は Midnight 2.4.1 (以上)が必須になりますので今のうちにバージョンアップしとけば後が楽です。

Lapis 3.6 ⇒ Lapis 4.0 の仕様変更とか。

えーDBテーブルのカラム名を大幅に変更した為、 旧版とログの互換性がなくなっちゃいました。 旧ログは「3.6」~「4.0 Beta3」まで、新ログは「4.0 Beta4」からです。 運用中のデータは既に変更してしまったのでサンプルが現在見れない状態になってます。すいません。

これはカラム名がDBMSの予約語と被らないようにする為の変更です。 一応ログを新版用に変換するコンバータを作る予定ですが、 一旦全部のログを削除する方が手っ取り早いかも。

あと色々とファイル名、クラス名、ファイル構成等がこれまた 大幅に変更されています。これだけ大規模なスクリプトになってしまうと、 全ての項目を一人でテストするには厳しかったりします。 「Beta4」は12月にリリースしますのでそこんとこよろしくです。

Lapis 4.0.0 Beta4 Release!

Lapis 4.0.0 Beta4 ダウンロード

以前もアナウンスしましたがDBテーブルの仕様等を色々と変更しています。 主な仕様変更は以下の通り。

上記変更に伴い、「3.6.0」~「4.0.0 Beta3」までのログと互換性が無くなりました。 バージョンアップされる方は「ログ管理」の一番下にある 「ログの変換」をまず最初に実行して下さい。 尚、「PostgreSQL」では最新の「_d_yyyy_mm」テーブルはリセットされます。

これは「PostgreSQL」ではカラムのデータ型の変更が出来ない為です。 全部のログをまるごと移動させるのも時間がかかりそうですし。 あらかじめご了承の上、コンバートして下さいまし。

あてにならないロードマップ 其の拾

Lapisの「評価:感想」でちょくちょく要望が上がるんですが、 有用だと思った機能は出来るだけ採用しています。 あまりにもニッチ過ぎるのはアレですが。

「URLの置き換え機能」の事を書いた人、具体的にどういうものなのか こっそりメールで教えてください。お待ちしてます。「mod_rewrite」の事?

「Lapis 4.0.0」の正式版は2007年1月1日リリース予定です。 それ以降はしばらく(半年ぐらい?)Lapisの開発はお休みしようと思ってますので 要望があれば今のうちにどうぞ。

来年はストップしていた創作活動を再開させたいな、と。 作品を一つ完成させるのが来年の目標です。 一人じゃ無理なので誰かとコラボレーションという形です。 その時になったら告知しますね。

トラックバックとか。

「Aqua」に関して。先日から色々なblogサービスを借りて トラックバックテストをやってるんですが、受信はほぼ問題無いみたいです。 しかしながらこちらからの送信となると、各サービス独自のSPAM対策で 送れたり送れなかったりします。 例えば「livedoor blog」なんかはエントリー本文に送信先のURLが無いと駄目だったり。

まぁテスト用で全然関係無いエントリーなのが悪いんですが。 普通のエントリーだったら多分OKかと。 自分はこっちから送ることは殆ど無いんですけどね。 ようやくまともなblogになりつつあります。

で、いつまでBeta1のまま引っ張るのかという現在の状況なんですが、 多分Beta2は来年ですね。ハハハ。こやつめ。

守りに入りたくない。=> Lapisをどーぞ。

今週はなんか忙しくて更新出来ませんでした……orz で、「Lapis 4.0.0」の正式版ですがこれ以上いじる事はないかな、 と思ってたんですが「Beta4」から3つほど機能追加してます。

1つはわりと目立つ機能なのですぐに分かると思います。 てゆーか例によって最初からそうしとけという感じなんですが。 随分前から考えてたのに、後回しにしてたら何時の間にか忘れてました。 まぁどんな機能かは内緒です。その時のお楽しみって事で。

ちなみに「Beta5」や「RC1」は出しませんので、そこんとこよろしくです。

見た目で選んで何が悪いの? => Lapisをどーぞ。

そんなこんなで『Lapis 4.0.0』(正式版)がマスターアップしました! パチパチパチ☆ いやー最近は土日しか作業出来なかったんで どーなる事かと思いましたが、なんとか間に合いましたね。 1月1日をお楽しみに。

で、「見た目」のお話。通常のクライアントアプリケーションは 結構凝ったデザインのモノが多いんですが、 Webアプリケーションとなるとイマイチなのが多い気がします。

確かにHTMLとCSSの知識が別に必要なのは面倒だとは思いますが…… ねぇ? ただ「動けば良い」という時代は既に終わってますよね? 自分も本当はデザイナーさんとコラボレーションしたいぐらいです。 ……てゆーかしませんか、そこのデザイナーさん。

2006年を振り返って。

今年も残り僅かとなりました。 月並みですが今年一年を振り返ってみたいと思います。 act的には「DB化が進んだ一年」かな。 『Lapis』 『Aqua』 『Cyan』(未公開)とログを全面的にDBにしたんですよね。

正直旧来のユーザーからは反発があるかなーと思ってたんですが、 想像以上に受け入れられたのはびっくりでした。 もうレンタルサーバーではDBは標準搭載が当たり前なのかも。 時代は確実に進んでるって事ですね。

あとは……「Lapisが大幅に進化した一年」ですかね。 書籍にも掲載されたし、ライセンスの話も数社から来たりしました。 まぁぶっちゃけこんなに機能いらないよと感じる人も 少なくないと思いますが、もうしばらくお付き合い下さいませ。 ……だってネタが尽きないんだも~ん!

……そんなこんなで今年最後のエントリーでした。よいお年を。

アクセス解析 『Lapis 4.0.0』 正式版リリース!

―― アクセス解析は次の世代へ。 Lapis 4.0.0、起動。――

明けましておめでとうございます。actからのお年玉です。

【Lapis 4.0.0 正式版 ダウンロード】

約一年ぶりのメジャーバージョンアップ! 今回の目玉は新しいインターフェイスデザイン。 今までの伝統だった「別窓表示」を基本としたデザインを思い切って廃止。 より使いやすく、よりスタイリッシュに生まれ変わりました。 自分で言うのもなんですが、別のアプリケーションみたいです。

ログは全てDBに保存するように変更。 書き込みの処理もフレームワーク経由に変更しました。 遥か遠い昔から要望のあった画像カウンター出力にもついに対応。 これでよーやく根本的な部分が納得のいく(自然な)形になりました。 ……つーか、最初からそうしとけというようなのばっかですが。

ついでにフレームワークの新アーキテクチャ対応第一弾です。 具体的にどうなったかというと…… テンプレートクラス及びコントローラークラスの改良、 PHP実行フラグ(.htaccess)の最適化、gzip圧縮転送対応等により 全体的に処理速度が向上しました。 今後は全てのスクリプトを新アーキテクチャに対応させる予定です。

※主な変更点は以下の通り。

あてにならないロードマップ 其の拾壱

全力で更新をサボれ! いいか、全力でだ! >>挨拶

blogツールの『Aqua』ですが2月中に「ver 1.0.0 Beta2」をリリースしたいと思います。 で、4月ぐらいまでには正式版を出せればなぁと。いい加減完成させたいしね。

ついでに仕様変更とか。 現在トップページとエントリー個別ページはHTMLを静的生成してるんですが、 「conf.ini」の設定で簡単に動的生成に切り替えられるようにしようかと (実は現時点でも出来ますが)。

静的、動的のハイブリッド仕様なblogツールはあまり無いと思いますので 少しはウリになりますかね。まぁ最近は動的生成の方が人気あるっぽいので日和ってみました。

『Midnight』 改め 『Mint 2.5.0』リリース。

『Mint 2.5.0』ダウンロード

えーというわけでフレームワーク 『Midnight』 改め 『Mint 2.5.0』 リリースです。 といっても対応スクリプトが現時点では一つもありませんので 『Midnight』 もそのまま置いておきます。 『Lapis』 の次期バージョンや他のスクリプトもいずれ 『Mint』 に移行しますので、今のうちに設置しとくと良いかもです。

変更点は旧アーキテクチャの削除とバリデーションクラスの追加。 バリデーションとはなんぞや、というとBBSやblogのSPAM書き込み 防止用のフィルタリング機能です。10種類のフィルタリングがあり、 それぞれに可否設定が可能です。『Aqua』(正式版)で大いに活躍する事でしょう。

普段当サイトに来ない人向けに名前の沿革をば。 『Practica』 ⇒ 『Wistaria』 ⇒ 『Midnight』 ⇒ 『Mint』です。 なんていうか、ひとつだけ名前が長いかな~と思いまして。 多分『Mint』で確定だと思います。 『Midnight』からディレクトリ名を変更するより、 しばらくは(ずっとでも良いですが)同時設置で構いません。

『Mint 2.5.1』 リリース。

『Mint 2.5.1』ダウンロード

エイプリルフールネタやらないんですか? だが断る。 何? 結婚しましたとでも書けばいいの? はいはいワロスワロス、と。 大体こんな下らないイベントなんかに労力を使う暇があったら 国民的行事である佑様聖誕祭の準備を今から入念に行うべきでしょう。

ちなみに TYPE-MOON のネタは毎年楽しみにしてます。 今年は超絶的なサーバー負荷で夕方までまともに見れませんでしたが。 来年はウチもやるよ! やりたいな! ……やれるかな?! ……覚えてたら、ね。……みなさんお暇ですね

というわけで 『Mint 2.5.1』 リリースです。バリデーションクラスを一部仕様変更 &フィルター追加でパワーうpです。SPAM業者は詩ねば良いと思います。 『Lapis 4.2.0 β1』も近日中にリリース予定でありますですよ隊長!

Lapis 4.2.0 Beta1 リリース。

Lapis 4.2.0 Beta1 フルパッケージ    Lapis 4.0.0 ⇒ 4.2.0 Beta1 差分ファイル

というわけで予告通りベータ版リリースです。 基本的な部分は「4.0.0」と変わってませんので、差分ファイルを用意しました。 今回の目玉はデータ公開用機能 『パビリオン』 です。

書き方に関しては「readme.txt」参照。ちょくちょく要望を貰う機能ですが、 こんな感じで良いのかな? 現在はパラメータ統計しか表示出来ませんが、 正式版ではアクセス推移グラフも表示出来るようにしたいですね。

あ、ちなみにフレームワークは 『Midnight』 ではなく 『Mint』 を使うようになってますので間違えないよーに!!

Aqua 1.0.0 Beta2 リリース!

『Aqua 1.0.0 Beta2』ダウンロード

実に9ヶ月ぶりという新版リリースです。 足掛け3年やってます。ハハハ。こやつめ。 インターフェイスを新しくしました。『Lapis 4.2.0』と合わせたデザインに。 つーかこっちが先なんですけどね。 「青」にちなんだ名前なので「青」を基調にしてます。

SPAM対策もフレームワークのバリデーションクラスでばっちりです。 「configs/validate.ini」で設定出来ます。デフォルトままでも 海外からのSPAMはほぼシャットアウト。 NGワードとNGホストの設定画面は間に合わなかったので手動でお願いしますorz フレームワークは今回から『Midnight』じゃなくて『Mint』になってますよ~

どーでもよいですが Fate/stay night [Realta Nua] プレイ日記 はまだ続きますよ~ 攻略もやる予定。

Lapis 4.2.0 Beta2 リリース

Lapis 4.2.0 Beta2 フルパッケージ    Lapis 4.0.0 ⇒ 4.2.0 Beta2 差分ファイル

というわけで「Beta2」リリースです。 「Beta1」からのバージョンアップも差分ファイルでOKです。 主にバグ修正がメイン。 つーかまだバグがあったのかという感じですよぶっちゃけ。 殆ど潰したと思ってたんですが。orz

新機能は「カウントしないIP/ホスト設定」です(configs/conf.ini)。 ここに自分のIP/ホストを入れれば自分のアクセスをカウントしなくなります。 値は部分一致のチェックです。PHPの正規表現も使えます。 「path.PHP」で自分のIPが確認出来るようにしましたので参考までに。

あとCSSで最優先の文字フォントをVistaで使われてる『メイリオ』にしてたんですが、 実際に確認したら微妙にフォントが大きくデザイン的に合わなかったのでやめました。 見やすいんですけどね。ちなみに『メイリオ』をXPにインストールした場合、 『ClearType』を有効にしないと綺麗に見えないです。

Lapisの動作を高速化する裏技

え~忙しくて考える暇が無いので小ネタでも。 「gzip圧縮転送」という技術がありまして。 これはその名の通りサーバーからデータを圧縮して送り、 クライアント側で解凍する事により転送を高速化する技術なのであります。

Lapis(というかフレームワーク)には「gzip圧縮転送」を行うかどうかの 設定があるんですが、デフォルトではOFFになってます。 これをONにするだけで表示速度が上がります。……微妙に。

ただしXREAとかサーバーの設定によっては使えなかったり、 クライアントPCのスペックが低い場合は逆に遅くなったりしますので とりあえず試してみて上手くいかない場合は戻してください。

「configs/fw.ini」の35行目「gzip = 0」(無効)を「gzip = 1」(有効)に変更。

DB不要版 Lapis 3.5.4 Extra Beta1 リリース

DB不要版:Lapis 3.5.4 Extra Beta1 ダウンロード

え~DB不要版の最終エディションです。以前にも言いましたが これは「4.2.0」をベースに「3.5.3」を再設計して作り直した いわば決定版というか、技術的集大成です。 もちろん機能的には「4.0.0」の方が上ですが 気軽に使えるDB不要版としてはこれで十分かと。

偶然にも「3.5.3」のリリースからちょうど一年ですね。 Lapisもたった一年でずいぶん進化したものです。 自分でもびっくり。DB不要版は今後機能の追加は無いですが、 バグ修正は随時するつもりです。 バグを発見しましたら遠慮なくご指摘下さいませ。

ちなみに今回はβ版なのでまだ実装してない機能とかあります。 まぁ「3.5.3」からそのまま流用すれば早いんですが、 最新のアルゴリズムを使いたいので時間が掛かってるんですよ。orz

フレームワーク Mint 2.5.3 リリース

Mint 2.5.3 ダウンロード

え~『Lapis 4.2.0』で使う予定の機能に動かないという 致命的なバグがありましたので修正しました。 つーかテストしようよ自分。テンプレートクラスです。それだけ。 違うメソッドを使ってもいいんですけどね。

どーでもよいですがダウンロード数を記録したファイルが逝ってしまいました。 半年間のデータがロスト。バックアップ取っておけばよかったorz。 大体『Lapis 4.0.0』は3000件ぐらい。後は覚えてないですよこんちくしょう。

Lapis 4.2.0 Beta3 リリース

Lapis 4.2.0 Beta3 フルパッケージ    Lapis 4.0.0 ⇒ 4.2.0 Beta3 差分ファイル

てなわけで「Beta3」です。デザインの再調整と折れ線グラフの実装がメインです。 折れ線は本命の為の練習って感じで、デモンストレーション的な意味合いが強いです。 つまりおまけみたいなもの。こんな事も出来るよ~という。

あと、より確実にデータを取得する(漏れを少なくする)為に 「tracker.js」というのを用意しました。つーか「a.js」と殆ど同じなんですが。 従来は外部リンクのデータを取得している関係上、解析用のタグをの一番最後 に入れて下さいって書いてました。 この部分を分離して、データを送る部分を上に記述出来るようにしました。 詳細は「setup.PHP」参照。

フレームワーク Mint 2.5.4 リリース

Mint 2.5.4 ダウンロード

ファイルクラスを一部改定しました。記述の最適化です。 あと、ファイルロックのメソッドで「exit」を入れてたのを削除しました。 基本的に二重にロックしてるので確率的に問題ないと判断。 「Lapis」のデータ取得漏れってコレが原因の一つだったのかも。

PHP vs SQL

内部的な話でアレなんですが、『Lapis』のパラメータ統計画面の表示が 若干遅いかな~って気がしたんでアルゴリズムを変えてみようかと。 今まで殆どの部分をPHPで処理してたんですが、SQLで処理出来る部分は SQLでやっちゃった方が早いのかな? と推測してみるテスト。

ひょっとしたらかなりの高速化が期待出来るかもです。 ……逆に遅くなったりして。まぁ駄目だったら今まで通りで。

あと全然関係無いですが例の『Windows版 Safari』、 ver 3.0.2 になって日本語がちゃんと表示されるようになりました。 めでたしめでたし。でもなんかフォントがこう、アレな気がします。ClearType?

ついでに『Opera 9.5』ももうすぐリリースされるそうです。以前『Opera 10』までの繋ぎって言ってたわりには結構力を入れてる模様。要チェックや!

Safari 3.0.2 のダウンロードはこちらから

Lapis 4.2.0 Beta4 リリース

Lapis 4.2.0 Beta4 ダウンロード    Lapis 4.2.0 Beta4 動作サンプル

え~今回はBBSで要望があった「ユニークアクセスのUAチェック」と 「パラメータ統計の期間集計(累計/平均&順位変動)」、 あと個人的に欲しかった「HTML以外のファイルリンク統計」を実装しました。 UAの取得も『Netscape 9.0』と『Safari 3.0』に対応。

デザイン面でも『Firefox』及び『Safari』向けに色々と調整しました。 『Opera』向けにも1px単位ですが微妙にいじってます。 CSSハック万歳。これでどのブラウザでも基本的に同じように見えるハズ。

以前も書きましたがOSの表記を変更していますので まず最初に「ログ管理」からログの変換(コンバート)の実行をお勧めします。 面倒だという人はそのままでもOKです。

でけた。

『Lapis 4.2.0』ですが「パラメータ統計」のアルゴリズム入れ替えが完了しました。 ベンチマークとか取ってないので正確には分かりませんが 2倍ぐらい速くなった気がします。まぁ表示件数制限を入れたので その影響もありますけどね。

残るはデータ公開機能の「アクセス統計」ですが…… 正直微妙なんですよね。この機能使う人100人に1人もいないだろうし。 まぁとりあえず作りますかね。 んで7月末に「RC1」、8月中に「正式版」のリリース予定です。そんな感じで。

Lapis 4.2.0 情報

え~正式版の前にRC1を出すを言ってましたが面倒になったのでやめます。 あとデータ公開機能のアクセス推移グラフも綺麗に表示させるのが難しかったので 今回は見送り。まぁ使う人あんましいないだろうし、いいよね。

で、今後の展開ですが次のバージョンは当分出ないかと。 少なくとも今年中はないです。妙な新機能を思いつかない限りは。 それぐらい『4.2.0』の完成度は高いと個人的には思います。 もはや全機能を解説するとなると本一冊ぐらい簡単に作れそうです。

つーか作りませんか、そこの出版関係の人。いつでもウェルカムなのですよ。

aa_bbs の改称とか

え~『Lapis 4.2.0』の開発もほぼ終了。ようやく別のことが出来るようになったんですが、 まず『aa_bbs』をいい加減バージョンアップさせようと思います。 自分のサイトではどんどん中身を入れ替えてるのに、 配布してるのは長い間旧バージョンまま。

管理画面を作り直さないといけないのが面倒で2年程放置プレイしてました。 ハハハ。こやつめ。で、名前ですがやはりルールに従った名前に変更しようかと。 つーか青系の名前って『Cyan』ぐらいしかもういいのが残ってないんですが。 開発中断しているDBを使ったBBSで使用した名前ですね。

フレームワーク『Mint』でさりげなく緑系もまじってしまったので 『Lime』という名前でもいいんですが。う~みゅ。悩む所。

aa_bbs の改称とか2

というわけで『aa_bbs』の名称は次のバージョンから『Cyan』にすることにしました。 スクリプト種別を『AA BBS』にします。DBを使用した旧『Cyan』は別の名前に変更ってことで。 つーか旧『Cyan』は需要がなさそうなのでお蔵入りになる可能性大なんですが。

元々実験的に作っただけだったんですが、個人的にはBBSって DB使うほどでもないかなーって思ってます。まぁ自由にタグ付け出来るってコンセプトは 面白いと思うので新『Cyan』にフィードバックするのもいいかも。

それとフォーラム表示はいらない気が。 自分で作っておいてアレなんですが使う人いるのかな

Lapis 4.2.0 でけた。

というわけで『Lapis 4.2.0』正式版が出来上がりました。当初の予定通り 2007/08/04(土)リリース予定。ついでに『Cyan』もほとんど完成。 同時リリースってのもなんかもったいないので『Cyan』は 9月リリース予定です。

で、最近韓国かどっかのサイトで『Lapis』が紹介されてたみたいです。 ハングル文字が読めないので内容はわかりませんが、好意的に書かれてるみたい。 メニューの表記とかもちゃんとローカライズされてて面白いですね。

一応表記関連は「templates/htm/」「templates/ini/」以下のファイルを 入れ替える事により簡単に日本語以外でも表示出来ます。

アクセス解析 Lapis 4.2.0 正式版リリース!!

『Lapis 4.2.0』 正式版ダウンロード

というわけで 『Lapis 4.2.0』 正式版リリース&新ドメイン 『aqut.jp』 稼動開始です。 『Lapis 4.0.0』 が 2007/01/01 リリースなので結構間が空いちゃいました。 つーか半年ぐらいお休みするって言ってましたが実際は2ヶ月ぐらいしか休んでない罠。

今回の目玉はリファインしたインターフェイスですかね。 あとは折れ線グラフとか統計ログ検索とかファイルリンク統計とかそんな感じです。

ついでに猫でも解る設置方法というページも作りました。 これを参考にすればまったくの初心者の方でも安心して設置出来ると思います。 あと特設ページのほうもスクリーンショットを入れ替えました。

主な変更点は以下の通り。

『aa_bbs』改め『Cyan 4.0.0』リリース

『Cyan 4.0.0』 ダウンロード

え~ちょうど2年ぶりの新版リリースです。ハハハ。こやつめ。 今回の目玉は「トップページのみ静的HTMLを出力」ですかね。 つーかかなーり初期のバージョンで実装してた機能なんですが、 PerlからPHPに意向した際のどさくさでいつの間にか消えてました。

あと地味ながらフレームワークの「SPAMフィルター」に対応したことも大きいですね。 最近の海外からのSPAMは物凄い量なので正直コレがないと辛いと思います。 上手に設定すればほぼ完璧にブロックできますよ。自分で言うのもなんですが超強力です。

フレームワーク Mint 2.5.5 リリース

『Mint 2.5.5』 ダウンロード

DBクラスに1つ機能を追加しました。セキュリティに関する機能なので地味ですが重要な更新です。 『Lapis』の次期バージョンでは必須になりますので、今のうちにダウンロードしておけば後が楽です。 つーか例によって最初から入れとけという感じですが。

ついでに関係ないですが『Lapis 3.5.4 Extra』(DB不要版)の開発は 中止とさせて頂きますよ真に勝手ながら(倒置法)。色々考えたんですが、 やっぱりアクセス解析とファイルログは相性が悪いんですよね。 頻繁に書き込み処理をしなきゃいけないし。 そんなわけで期待してた人、すいません。

アクセス解析 Lapis 4.2.1 リリース

『Lapis 4.2.0』 ⇒ 『Lapis 4.2.1』 差分ファイルダウンロード

今回はバグフィックスがメイン。珍しく変更するファイルは少ないです。 ……てゆーか今まで気が付きませんでしたorz

アクセス解析 『Lapis 4.4.0 Beta2』 リリース。

『Lapis 4.4.0 Beta2』 ダウンロード

というわけで予告通りリリースです。Beta1との違いはインターフェイスのデザインを 微妙にリファインした点ですね。最近主流になりつつあるワイドディスプレイ向けに 横幅を700pxから785pxに増やしました。フォントもVista標準の『メイリオ』に最適化。 あとメインボックスを丸角にしたり細かい部分で調整しました。

まぁぶっちゃけ機能的にはあまり変わってませんが。ハハハ。こやつめ。 要望があればまだまだ受付中でありますですよ。

PHPスクリプトの不具合報告に関して

え~BBSやメールにてPHPスクリプト(殆ど『Lapis』ですが)の不具合報告を頂きますが、 純粋に「スクリプトのバグ」が原因というのは全体の5%ぐらいの割合です。 残り95%は「サーバーの設定が悪い(制限を設けている)」「パスの書き方が悪い」 「設定ファイルの書き方が悪い」「その他設置の仕方が悪い」といったことが原因です。

こちとら何年も開発を続けているわけなので、そうそう簡単にバグなんて見つかりませんよ(多分)。 素人のユーザーさんはどこに原因があるのか想像もつかない、というのは理解しています。 ですがまず疑うべきはスクリプトではなく、サーバーや自分の設置方法だということを 知っておいて欲しいです。

仕方の無いことですが、「スクリプトが悪い」という前提で話を進める人が大勢いるので とても悲しいです(他の可能性を考えもしない)。PHPスクリプトに限らず、 プログラムというのは実行環境に依存するもの。 例えばPHPスクリプトなら「PHP本体」「Webサーバー」「OS」「ハードウェア」等。

それぞれにバージョンと細かい設定があり、組み合わせはほぼ無限にあります。 よほど単純なものでない限り、その全てのパターンで完璧に不具合なく動作するプログラム、 というのはこの世に存在しません。マイクロソフトには恐らく世界でもトップクラスの頭脳が 大勢いることでしょう。ですが『Windows』に不具合はないと言えますか? つまりはそういうことです。

意外と知られてないかもしれない『Lapis』の機能

え~先日BBSでやりとりしてて出てきた話題ですが、 各種統計画面の上部に表示される「< 2008/02 >」という日付の部分はリンクになってます。 「<」が前月(前日)、「>」が翌月(翌日)へ移動します。 中央の日付は各月(各日)へ直接ジャンプ出来るショートカットになります。

フィルターを使ってる場合は、フィルターの状態を維持したまま移動出来る素敵仕様。 デザインの関係上リンクの下線を消してしまったので分かりにくくなってます(以前は表示してました)。 初期のバージョンから存在するので「超基本的な機能」だと思ってたんですが、 みんな気づいてくれてなかった?? orz

Mint 2.6.0 リリース

『Mint 2.6.0』ダウンロード

え~最初は「2.5.6」にしようと思ってたんですが結構いじったので「2.6.0」にしました。 前回から結構間もあいたことだし。Fileクラスのread,writeを大幅に変更。 ファイルロックの強化と処理を高速化しました。あとはTemplateクラスのメソッド名が あまりにも適当だったので直しました。その他色々修正。

変更に伴い、古いバージョンのPHPはあえて対象外としました。具体的には「PHP4.3以上」対応。 今まで「PHP4.1以上」対応としてたんですが、今どき「PHP4.1/4.2」を使ってるサーバーも無いだろう、と。 むしろそんな古いバージョンを使ってるセキュリティ意識の低いサーバーは激しく非推奨です。 乗り換えてしまいましょう。てゆーか「PHP4.x」自体サポートが終了しています。

ちなみに『Lapis 4.4.0』は『Mint 2.6.0』以上必須となりますのでよろしくです。

とりあえず Lapis 4.4.0 情報。

ネタがないので『Lapis 4.4.0』のことでも。『Lapis 4.4.0』では「.htaccess」 を少し変更しようかと思ってます。現在動作速度向上のために「PHP_flag」や「PHP_value」 を入れてるんですが、どうにもコレを入れるとエラーになる(使えない)サーバーが 結構あるらしいので削除する方向で。

こういった「Apache」の設定ディレクティブ関連は勉強不足なので もうちょっと調べる必要がありそうですね。理想を言えばどんなサーバーでも デフォルトの状態ですんなり動けばいいんですが。

ネックになるのは「PATH_INFO」関連。サーバーによって設定がかなり違うので悩みの種です。 これは「setup.PHP」とかでテスト出来るようにしたいですね。 「readme.txt」にも追記した方がいいのかナ。めんどいなぁ。そんな感じで。

とりあえず Lapis 4.4.0 情報 其の弐。

……とか言いつつやっぱ「.htaccess」は変えないかもしんない。 や、ほら。なんていうか人生には色々あるよね的な。 脳内スタッフ数人と協議した結果そういう結論に達しました。 このサイトの「あてにならない」情報には定評がありますよ?

技術的な話でアレなんですが「PATH_INFO」の情報は値を取得出来るか、 というのも大事なんですが「このURLはPATH_INFO付きのURL」とWebサーバーが 認識してくれないとイヤンな感じなのであります。そうでないと 「ここはどこ?」状態で自分が今いる階層が分からなくなってしまうのです。

具体的にはトップページ以外が404(ページが見つからない)になったりします。 結局のところ今のやり方が一番無駄が無い気がするんですよね。 「.htaccess」を変えないかわりに「readme.txt」にそこらへんの対策を がっちり書くつもりです。そんな感じで。

Mint 2.6.1 リリース

『Mint 2.6.1』ダウンロード

色々調べた結果「.htaccess」の上手な書き方が見つかったので 「さくらインターネット用オプションファイル」を統合しようかと思います。 『Mint 2.6.1』+『Lapis 4.4.0』で「CGI版PHP」でも オプションファイル無しで動作するようになります。

まぁこの間から二転三転してますが気にしないで下さい。 いつものことですから。迷走は。orz

とりあえず Lapis 4.4.0 情報 其の参。

現在「ページ番号」関連を作り直してます。現状では更新するときにはデータを一旦全部消して 1行ずつ追加していくという無駄に時間がかかる処理になってます。 これを高速化するために変更のあったレコードだけ更新するようにしました。

ただ、代償として通常モードでは番号の変更が出来なくなります。 番号が変更可能だとデータ構造に矛盾が出る可能性が高くなるからです。 んで、こっちが本命なんですがCSVモードというのを新たに追加します。 これはその名の通りデータをCSV形式で丸ごと直接編集出来ます。

こっちでは番号の変更も可能です。ローカルに保存、テキストエディタで 編集してコピペで貼り付けて更新、と。そんな感じの使い方が便利です。 少しの変更は通常モード、大きな変更はCSVモードという使い分け。 とりあえずそんな感じで。

とりあえず Lapis 4.4.0 情報 其の四

技術的なお話。JavaScriptには「onload」というイベントハンドラがあるんですがコレ、 「ページを読み込む直前」だと勘違いしてました。実は「ページを読み込んだ後」なんですよね。 つまりこのハンドラを使えば解析するページの一番下に記述する

<script type="text/javascript">setEvent();</script>

というタグはまったく必要ないということが判明しました。ハハハ。こやつめ。 というわけで「Lapis 4.4.0」では解析タグが簡略化されます。まだまだ修行が足りないですね~ orz

Lapis 4.4.0 Beta3 リリース。

Lapis 4.4.0 Beta3 ダウンロード

というわけで約4ヶ月ぶりのリリースです。 本当はもうこのへんで打ち切って、正式版にしちゃってもいいような気が するんですけどね。もうちょっと頑張ってみます。Beta2からの変更点は以下の通り。

とりあえず Lapis 4.4.0 情報 其の伍

土日で頑張ってどーにか『Lapis 4.4.0』をほぼ完成状態まで持っていきました。 あとはぼちぼちテストして問題なければ完成です。以前はBeta4まで出そうかと思ってたんですが 正式版リリースの日付を発表しちゃったし面倒なのでやめます。

で、内部的な処理ですが『SQLite』を使ってる場合、ちょっと動作が速くなると思います。 なんでかというと今までデータの最適化処理を入れてなかったからです。 『MySQL』のような不要なタイプだと勘違いしてましたが、 実は『PostgreSQL』タイプなんですよね。『SQLite』。

そんなわけで日付が変わったタイミングで『SQLite』でも「vacuum」コマンドを 実行するようになります。そんな感じで。

アクセス解析『Lapis 4.4.0』正式版リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.0』正式版 ダウンロード

『Lapis 4.2.1』のリリースが2007年9月ですから約10ヶ月ぶりですね。ハハハ。こやつめ。 最後らへんのスケジュールはなんだかもうgdgdでしたがなんとかリリースです。 個人的にバージョンアップの醍醐味ってのは「インターフェイスの変化」だと 思ってるんですが、今回は結構納得出来る形になったかな?

特に派手な機能の追加とかはないですが、地味に進化してます。 ちなみに今まであった「さくらインターネット用オプションファイル」の中身を 『Lapis 4.4.0』と『Mint 2.6.1』に統合してますので必要なくなりました。

主な変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lapis 4.4.1』(バグ修正版)リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.1』ダウンロード   『4.4.0』⇒『4.4.1』差分ダウンロード

翌日にアレですが色々修正しました。最近『SQLite』しか触ってなかったので発見が遅れました。orz  しかし3種類のDBを使える『XREA』は素晴らしいですね! こういうときに便利です。 バグレポートは随時受付中です。ビシバシと容赦なく書いて下さいませませ。

blogツール『Sepia 1.0.0』(正式版)は8月2日リリース予定。

土日で頑張って99%は出来上がりました。あとはちょっとした変更のみ。 てゆーかいまさらコレの需要があるのかという気がしないでもないですが まぁ主に自分用なので。『WP』や『MT』は規模がでかくなりすぎて 自由にカスタマイズしにくそうだし。

まだまだ低機能ですが、地道にバージョンアップしていければと思いますですよ。

blogツール『Sepia 1.0.0』(正式版)リリース!!

blogツール『Sepia 1.0.0』(正式版)ダウンロード

というわけで予告通りリリースです。なんか感慨深いですね。開発をスタートしたのが2004年の初頭ですから 4年半ぐらいかかってます。ハハハ。こやつめ。当初は『神楽』という名前でログデータは 「XML」で保存するという無茶な試みでした。なーつかしいですね。

そんなこんなでBeta2から変更点は以下の通り。ほとんど別物です。 一応次のバージョンのことも考えてますので要望などあったらお気軽にどうぞ。

アクセス解析『Lapis 4.4.2』リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.0 / 4.4.1 ⇒ 4.4.2』差分ファイル ダウンロード

まさかの二週連続リリース。まぁバグ修正とわりとどーでもよい変更だけなので、 気にならない人はアップデートしなくてもいいかもしんない。 差分ファイルも多くありません。

主な変更点は以下の通り。

フレームワーク『Mint 2.6.2』リリース。

フレームワーク『Mint 2.6.2』ダウンロード

殆どというかまったく使ってなかったクラスを削除しました。 あと一旦削除していたコードのコメントを復活。「ほぼ全行コメント」という 無茶な苦行は『Lapis』だけにしようかと思ったんですが、 もうこのサイトのデフォルトってことで。

主な変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lapis 4.4.3』リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.0 ~ 4.4.2 ⇒ 4.4.3』差分ファイル ダウンロード

ちなみに「差分ファイル」はそのまま上書きアップロードするだけです。「configs/」以下は変更していませんのでまた設定ファイルをいじる必要はありません。

というわけで『4.4.3』です。文字化けするというご意見がちらほらと聞こえてきてましたので、 色々と対策をとってみました。これで駄目ならスクリプト側ではどうしようもないです。 文字化けしてた人、ちょっと試してみて下さい。

あとUA判定を強化。巷で話題の『Google Chrome』に対応しました。 まだβ版なのでUAの文字列が変わる可能性がありますが、そのときは随時対応予定。 あ~あといつのまにやら『Safari』のUA文字列が『Mac OS X』の 細かいバージョンも分かるようになってたのでそれも対応しました。

主な変更点は以下の通り。

フレームワーク『Mint 2.6.3』リリース。

フレームワーク『Mint 2.6.3』ダウンロード

え~先日の『mod_rewrite』対応版です。てゆーか結局上手くいかなかったんですけどね。 ハハハ。こやつめ。特定のサーバー向けには作れるんですけど、不特定多数のサーバー向けには ちょっと無理でした。実際に複数のサーバーで試してみたんですが、 同じ書き方でも動作が挙動不審になるサーバーがありました。

なのでデフォルトでは『mod_rewrite』は使わないで、お好みにより(サーバーに問題がなければ) 使ってみてもいいかもね? な感じです。まぁ『Mint』単体では『mod_rewrite』は動きません。 スクリプトディレクトリに置く『.htaccess』に専用の記述を入れて初めて動作します。 なので今回は準備段階ってところですね。変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lapis 4.4.4』リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.0 ~ 4.4.3 ⇒ 4.4.4』差分ファイル ダウンロード

というわけで恒例(?)のマイナーバージョンアップです。ちなみに一番下のバージョン番号が増えるのは そのバージョンが気に入っている証拠なのであります。次のメジャーバージョンアップの構想があるときには 細かいバグ修正なんかはまとめて直しちゃえ! って考えで放置プレイです。

今回は「mod_rewrite」対応がメインですが使えないサーバーも多いので標準ではないです。 まぁ分かる人だけ使ってくださいまし。気分的に幸せになります。 あとPHPから write.PHP を include するときに「相対パス」を使ってくださいと 書いてありましたが「絶対パス」になりました。つまり全部同じ書き方が出来るってことです (具体的な書き方は setup.PHP で確認出来ます)。

これはincludeは「絶対パス」が使えないと思ってたんですよ。 ですがそもそも「通常のWebページで使う絶対パス」と「サーバーのシステム上の絶対パス」は 別物だということを知りまして。後者だとちゃんと動くということが確認出来たしだいであります。 バーチャルなんたらのエイリアスがどうたらというアレな話です。

主な変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lapis 4.4.5』リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.0 ~ 4.4.4 ⇒ 4.4.5』差分ファイル ダウンロード

というわけでまさかの五ヶ月連続リリース。まぁ今年の前半思いっきりサボってましたからね。 今回は結構色々と変更しました。要望などは随時受付中です。お気軽にどうぞ。主な変更点は以下の通り。

フレームワーク『Mint 2.6.4』リリース。

フレームワーク『Mint 2.6.4』ダウンロード

というわけでロリポップで Lapis がエラーになる件に対応しました。 結論から言うと、ロリポップのサーバーが環境変数に間違った値を設定しているのが原因です。 ユーザーが多いのでさくらインターネットの時みたいにオプションファイルにはしませんでした。 こういったサーバーに対するフォローもしなくちゃならないというのは馬鹿馬鹿しいのですが。

サーバー側の問題でもスクリプト側の問題と見なされるのが一番辛いです。 ユーザーは技術的なことは何も分からない、というのは理解してますが……やりきれないですよマジで。 こういう可能性もあるってことを知っておいて欲しいです。 以前も言いましたが、何でもかんでもスクリプトが悪いって考えは浅慮ってもんですよ奥さん!

Sepiaの行方

え~BBSでちらっと書きましたが『WordPress』に移行しようかと迷ってたんですが、やめました。 実際に『WordPress』を設置して試してる最中なんですけどね。 良い部分は取り入れて、このまま独自路線で細々と続けますですよ。 Sepiaの一番の問題点(?)は綺麗なテンプレートが用意出来ないってこと。

なので『WordPress』のテンプレートをそのまま利用出来ないかな~と思ってたんですが甘かった。 つーかバリバリPHPファイルなんですよね。『WordPress』は。しかもオブジェクト指向じゃないし。 なるべくシンプルなテンプレートが理想なんですが、ちょっとアレすぎなので断念。

デザインはなんとかするとしてシステムの話。 現在のテンプレートシステムは高速で動作するかわりに 「論理構造を変えられない」「パーツの再利用が出来ない」という欠点があります。 新しい仕組みを考えるしかないのかな~。う~みゅ。

アクセス解析『Lapis 4.4.6』リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.0 ~ 4.4.5 ⇒ 4.4.6』差分ファイル ダウンロード

というわけでバグ修正がメイン。それと「カウントしないIP/ホスト設定」というのを廃止しました。 データ取得漏れがあるというのはもしかするとコレのせいかも、と思いまして。 前方一致ではなく部分一致としたのがマズかった。これで関係ないIPまではじいてた可能性があります。 まぁ気休め程度ですが改善されるかも。

あと「setup.PHP」で表示される貼り付けタグのstyle部分を 「display:none;」から「position:absolute;visibility:hidden;」に変更しました。 前者の方がスマートな書き方ですが、『Opera』でアクセスしたときにバージョンによっては 取得出来ないケースがあるみたいです。なので後者の方が美しくないですが確実。

とりあえずこんな感じです。

アクセス解析『Lapis 4.4.7』リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.6 ⇒ 4.4.7』差分ファイル ダウンロード

というわけで『Lapis 4.4.7』です。なんだか最近シェアを伸ばしつつある検索エンジン『Bing』に対応してみました。 ちなみに更新しないと(対応してない検索エンジンだと)文字化けしちゃいます。新しい検索エンジンが出てきたときに 自動で対応出来ればいいんですけど、クエリーの文字列がバラバラなのでどうしても手動になってしまいます。 統一してくれればいいのに。

それにしても某M社は『MSN』⇒『Live search』⇒『Bing』とブランド変更しすぎだっての。 そんなことしてるから育たないのさ。

アクセス解析『Lapis 4.4.8』リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.6 ~ 4.4.7 ⇒ 4.4.8』差分ファイル ダウンロード

というわけで「IE8で折れ線グラフが表示されないバグを修正」しました。あとコピーライトの表記を変更し忘れてたのでそこも修正。 それだけです。ってバグというよりIEの仕様な感じですけども。CSS3とか関係あるのかな? ワイルドカード。 ユニバーサルセレクタは? まぁいいか。それにしても『VML』と『SVG』は風前の灯ですね。『Canvas』で統一されつつあるし。 『IE9』ではVMLは廃止されるかもしれません。

参考URL:IE8標準モードでVMLを使う方法

アクセス解析『Lapis 4.4.9』リリース!!

アクセス解析『Lapis 4.4.6 ~ 4.4.8 ⇒ 4.4.9』差分ファイル ダウンロード

変更点は以下の通り。

このところ連続で更新してすいませんです。これでようやく落ち着くかと思われます。 上のやつはバグというよりJavaScriptの仕様変更(実装強化?)みたいな感じです。 使ってた変数が予約語になった模様。

下のやつはOperaが10になってからUA表記が変更になったのに対応。 Safariに近い表記になったんですが、バージョンアップしないと「Opera 9.8」と表示されます。 ……なんでこんな中途半端に前の表記を残すのか凄い疑問なんですが。

フレームワーク『Mint 2.6.6』リリース!!

フレームワーク『Mint 2.6.6』ダウンロード

さくらインターネットなど一部環境において、MySQLの新しいバージョンだと文字化けする ケースがあるようで。ついでにPostgreSQLと併せて文字コード用の記述を入れました。 SQLiteは問題ないみたい。テストしてないので(マテ)エラーが出るようでしたら報告お願いします。

blogツール『Sepia』配布停止のお知らせ

えー突然ですが掲題の通り、blogツール『Sepia』の配布を停止します。 理由としては「機能が少ない」「バージョンアップの予定がまったくない」ということです。 元々自分用として作ったものなんですが、既に使ってないですしw まぁ気づいてる人は 少ないと思いますが1月の半ばから新システムに切り替えてます。

数年前wにもちょこっと書きましたが、「綺麗なテンプレートを用意出来ない」という理由もありますね。 デザインに関してはまったくの素人なので。最初は「フレーム」を使うことを前提にシンプルな シングルカラムなデザインにしたんですが、フレームは絶滅したんじゃないかというご時世ですし。

開発当時と今では状況も変わってます。自分で設置するblogツールとしては『WordPress』 がデファクトスタンダードになってますので(多分)自分としてはシェアの多いのを使うほうが 無難だと思います。参考文献も多いし、テンプレートをカスタマイズすればシングルカラムも簡単に実現出来ます。

まぁ何だかんだ言っても誰も使ってないと思うので影響は殆どないでしょうw

Mint 2.6.7 リリース

Mint 2.6.7 ダウンロード

というわけで去年作ってたヤツです。公開するのをすっかり忘れてたので今更ですが。 公開日とか去年の日付になってますが修正めんどいのでそのまま。 内容は

・XREA無料版の環境変数バグに対応

ってだけです。XREA無料版のサーバーには環境変数に間違った値をセットする というバグが昔からあり、運営も修正する気がないようです。それをスクリプト側で 正しい値に直すようにしてみました。Lapis だとトップページ以外が表示されないという状態が解消されます。

ついでに(?)Lapis の「猫でも解る設置方法」 というページの情報が古かったので新しく作り直しました。スクリーンショット14枚も撮り直し。

新作アクセス解析『Lunasys』を開発中です。

というわけで以前からちょくちょく話題にしてたアレです。 既に開発開始から2年ぐらい経過してる様な気がしますが気のせいですね。 多分『ダークソウル』が発売される前にはリリース出来るかと思います。

以前も言った記憶がありますがおさらい。『Lapis』の「後継」というより「リファイン」な感じです。 『Lapis』は要望があるままに機能をゴテゴテと増やしすぎ、設置も面倒になってしまいました。 なので今回は自分の使ってない機能は思い切って削り、シンプル路線で簡単設置という原点回帰。 細かい使い勝手も改良しています。

一番の大きな違いはデータの保存方法ですかね。『SQLite』オンリーにしてDB(ファイル)を分散して保存。 時間経過によりデータが肥大化し、処理が遅くなるという根本的な問題を解決しています。 まぁいまどき『PHP4』を使ってるサーバーもないだろう、と(セキュリティ的に)。 『SQLite』は『PHP5』以上で標準で使え、データはただのファイルなのでユーザーにとっても扱いが簡単です。

データ取得精度の向上を目標にしてますのでPHPページでのincludeを推奨。『Lapis』ではページタイトルを取得出来ない ケースがありましたがこれも解決してます。もちろん従来通りJavaScript経由(tracker.js)でも使えます。 こっちも記述をシンプルにしてますので『Lapis』よりマシになってるかと。

管理画面は『HTML5』で記述して構造も極力シンプルに。装飾的な画像も廃してますので『Lapis』 より表示速度は上がってると思います。『HTML5』に興味のある人はソースを眺めてみると面白いかもしれません。

新作アクセス解析『Lunasys 1.0.0 beta1』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【猫でも解る設置方法】

え~前回もっと時間がかかるというような言い方をしましたがそんなことはなかったです。 あれれ? まぁいいや。完成したてでまだテストが不十分なのでベータ版です。 バグがあったら遠慮なくBBSかメールにて指摘して下さいな。

『Lunasys』はフレームワークを同梱するようにしました。なので『Lapis』のように 個別にダウンロードする必要はありません。『Mint』ともアーキテクチャーが似て非なるものになってますしね。

リアルの友人からまだやってるの?(冷笑)とか言われたりしますが、まだまだ頑張れるYO!(泣きながら)

『Lunasys』のリリーススケジュールについて

えー『Lunasys』はとりあえず2週間おきにbeta版をリリースする予定です。具体的には 「beta2」は 6/3、「beta3」は 6/17 のリリース予定。「beta4」は未定です。 「最終beta」から一ヶ月ぐらい問題が見つからなかったら「正式版」に移行したいと思ってます。

まぁ「beta1」の時点で意外と大丈夫じゃね? と思ってたのにバグやら機能追加やら ちょくちょく作業が発生してるので、すんなり行く確率はアレですが。 ご意見、ご要望、ご報告などはBBSで絶賛受付中ですよ。

新作アクセス解析『Lunasys 1.0.0 beta2』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【猫でも解る設置方法】

というわけで「beta2」です。めっちゃいじったので差分ファイルはありません。 解析対象ページとは別ドメイン(別サーバー)に『Lunasys』を設置する際は 必ず「lunasys/analyzer/configs/conf.ini」の「domain」の項目に対象ドメインを記述して下さい。

ファイルのフォーマットを『SQLite2』から『SQLite3』に変更したので「beta1」のデータは読み込み出来ません。 むしろ存在しているとエラーになりますので「beta1」をご利用の方は全てのファイルを上書きアップ後、 「lunasys/data/」フォルダのに存在するファイルを全て削除して下さい。 お手数をお掛けしますがよろしくです。

「beta1」からの変更点は以下の通り。

新作アクセス解析『Lunasys 1.0.0 beta3』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【猫でも解る設置方法】

というわけで「beta3」です。現在把握しているバグなどは全てやっつけました。多分「最終beta」になりそうな予感。 またそこそこいじったので差分ファイルはないです。すいません。 一ヶ月ぐらい様子をみて問題が無ければ 7/20 頃に正式版をリリースすると思います。

要望のあったテキストカウンターを復活させました。設置用のタグは「lunasys/analyzer/setup.PHP」 にブラウザでアクセスして頂ければ表示されます。

beta2からの変更点は以下の通り。

新作アクセス解析『Lunasys 1.0.0 beta4』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【猫でも解る設置方法】

【beta3 ⇒ beta4 差分ファイルダウンロード】

というわけで「beta4」です。今度こそ「最終beta」のはず。 今回は新機能「後追いデータ追記」を実装。これで「1.0.0」の機能は全て出揃いました。

「後追いデータ追記」とはなんぞや、というと基本PHPのincludeでデータを取得して、 その後にJavaScriptで「ディスプレイ解像度」と「ブラウザ表示領域」 のみ後追いでデータを追記する、というもの。 2種類のデータ取得方式の良いとこ取りなシステムです。

ネックはPHPのタグとJavaScriptのタグを両方書かなくちゃいけない点。まぁ『WordPress』とか テンプレートを使ってるシステムなら簡単ですが、そうじゃない場合「簡単設置」という コンセプトからはちょっと外れるんでこだわりたい人だけ使えばいいよ、というスタンスです。 従来通りPHPのincludeだけでも十分かなと個人的には思います。

beta3からの変更点は以下の通り。

『Lunasys』の今後の予定

「1.0.0」正式版は7月29日リリース予定です。例によってbeta4からまたちょこちょこと 変更があります。まぁちょっとした機能強化程度ですが。で、その先はというと来年あたりに 「1.1.0」を出せたらなと。

「1.1.0」は『Lapis』にある機能をいくつか復活させるのと『6hot_Analyzer』の一部機能を 取り込めたら幸せになれるんじゃないかと考えておりますですよ。予定は未定ですので期待せずに待て!  そんな感じです。

追記:あーバージョンは「2.0.0」になるかもしれません。メジャーバージョンアップ祭りが最近の流行ですしね。そこらへんは気分に応じて

約3年ぶりの新作アクセス解析『Lunasys 1.0.0』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

【beta4 ⇒ 正式版 差分ファイルダウンロード】

というわけで『Lapis 4.4.0』から約3年ぶりとなる新作アクセス解析です。 インターフェイスは以前配布していた『Sepia』をベースに細部を作りこんだ感じ。 『Lapis』は「ポップで柔らかい」デザインなのに対し『Lunasys』は 「シックでソリッド」なデザインになってます。

まぁその時々のサイトデザインに影響されていますが、ずっと同じだと飽きるしね。 ソフトウェアの進化で一番楽しいのが「見た目の進化」だと個人的に思ってます。 そこはこれからもこだわっていきたい部分ですね。

IE6だと盛大にレイアウトが崩れるのがネックですが、あえて修正しません。 仕様です。IE6を使ってる人は慌てず騒がず新しいバージョンにアップデートするか、 窓から投げ捨てて下さい

ちなみに折れ線グラフはIE9以降で表示可能です。『Lapis』ではIE用にVMLを使ってましたが、 IE9でVMLのサポートが打ち切られたのでVMLは使ってません。 HTML5のCanvasオンリーになりました。時代の流れというやつです。

何度か言ってますが位置付け的には『Lapis』のリファイン版。 『Lapis』をベースにしつつ細かい使い勝手を改良してます。 必要性が低いと判断した機能は削除しましたが、今後バージョンアップで復活する可能性もあります。

beta4からの変更点は以下の通り。

新作アクセス解析『Lunasys 1.0.1』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

【1.0.0 ⇒ 1.0.1 差分ファイルダウンロード】

というわけで色々と修正とか変更です。不具合など見つけたらBBSにどしどし書き込みよろしくです。

新作アクセス解析『Lunasys 1.0.2』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

【1.0.0 or 1.0.1 ⇒ 1.0.2 差分ファイルダウンロード】

差分ファイルは「1.0.1」の内容も含みます。前回言いませんでしたが 「2.0.0」(仮)へ向けての仕込みもこっそり入れてます。 「1.0.0」からのアップデートだと何かと面倒になるので、 今のうちのアップデート推奨です。

今回は管理者Cookie関連の変更です。解析対象ページと同一ドメインに 設置している場合はあまり関係ないです。ちなみに下記の cookie.PHP を使っただけては管理画面にログイン出来たりはしません。 あくまで「admin_count = 0」用です。 なので第三者に悪用されるといったことはないですが、 一応使った後は削除して下さい、と書いておきました。

「1.0.1」からの変更点は以下の通り。

Twitterの『Profile Widget』をPHPで表示してみた。

というわけでツイッターの『プロフィール ウィジェット』を PHPからツイートを引っ張ってきて表示する仕組みを作りました。 きっかけはIE9で表示出来なくなったという障害。 以前も興味本位で簡単に作りましたが本格的に実装しました。

通常は外部.jsをHTMLから読み込んで表示しますが、今回は『Twitter API』というのをPHPから使います。 これのメリットは今回の障害のような不具合や仕様変更の影響を受けにくい、 外部.js(外部.css)を読み込まないので表示が速い、 表示に使うHTML及びCSSを好きにいじれるといった点です。

デメリットはAPIの実行回数制限がある、認証が必要な場合があるなど。 後者は他所で調べてもらうとして前者の対策は簡単です。 ツイートを読み取った時に内容をファイルに保存して 表示の際にそのファイルを参照するようにすればいいのです。

読み取り&保存と表示を分けることにより、閲覧者が直接APIにアクセスしなくて済むので 回数制限に引っかかりません。ただ、読み取り&保存を手動で実行する必要があります。 面倒なら『cron』で自動実行させることも可能ですが。自分は一日数回しかツイートしないので手動です。 ブラウザでスクリプトにアクセスするだけ。

仕様の内容は以下の翻訳を参考にさせて頂きました。感謝!

Twitter API 仕様書 日本語訳 第五十版 (2010年8月12日版)

サンプルコードは下記参照。

Twitterの『Profile Widget』をPHPで表示してみた。

ツリー型掲示板『Lunares 5.0.0』リリース!

『Lunares 5.0.0』ダウンロード

というわけで『Cyan』改め『Lunares 5.0.0』です。ぶっちゃけ内部構造も ログのフォーマットも全然違うので別物なんですが、 見た目と機能がほぼ同じなのでバージョンを引き継ぎました。

正直「掲示板」というシステム自体終わったコンテンツだと認識してるんで 配布するつもりはまったくありませんでした。が、僅かでも需要があるってのと 古いバージョンを配布し続けるのも悪い気がしたので今回のリリースを決めました。

AA一覧の表示が『Chrome』だとズレますが「仕様」です。 他のブラウザだと問題ないので『Chrome』側のバグの可能性があります。 『Safari』は位置調整JavaScriptが動いてないですが表示自体は出来てます。 同じWebKitなのに……不思議。

ver 4.0.0 からの変更点は以下の通り。

ツリー型掲示板『Lunares 5.0.1』リリース!

『Lunares 5.0.1』差分ファイル ダウンロード

1日で修正版出すのアレですがすいません。 例の『Chrome』でAA一覧がズレる問題の解決方法が分かりました。 あと『Safari』の方もついでに修正しました。

『Chrome』ではCSSの指定で以下の現象が起こります。 正直これがバグなのかCSS仕様の正しい解釈の結果なのか自分には分かりません。 少なくとも他のブラウザでは起こらない現象です。

「float」を指定した要素に「margin-right:auto;」もしくは 「margin-left:auto;」を指定すると「float」が解除されます。

5.0.0 からの変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lunasys 2.0.0 beta1』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

というわけで新版です。色々と機能を追加しましたが目玉は「円グラフ」の機能ですかね。 これは『Lapis』の時代からやりたかったんですが、Canvasを使うことでようやく実現しました! 当然Canvasに対応したブラウザでないと表示出来ませんのであしからず。 実装にあたっては『HTML5.JP』という 素晴らしいサイトを参考にさせて頂きました。感謝!

『Lunasys 1.0.2』からの変更点は以下の通り。ログのフォーマットが変更になりましたので 旧バージョンからアップグレードする場合はまず最初に「ログデータ管理」から 「ログテーブルのコンバート」を実行して下さい。

アクセス解析『Lunasys 2.0.0 beta2』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.0.0 beta1 ⇒ beta2 差分ファイル ダウンロード

というわけでbeta2です。細かい部分の修正と変更、config設定の追加など。 beta1からの変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lunasys 2.0.0 beta3』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.0.0 beta1,beta2 ⇒ beta3 差分ファイル ダウンロード

というわけでbeta3です。変更点は以下の通り。beta4は未定。 問題が無ければ一ヵ月後ぐらいに正式版リリースするかもです。

アクセス解析『Lunasys 2.0.0』(正式版)リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.0.0 beta1 ~ beta3 ⇒ 正式版 差分ファイル ダウンロード

というわけで正式版です。Lunasysはシンプル路線で行こうと思ってたんですが例によって 気がついたらシンプル(笑)になってました。あるぇ~?? 1.0のときは 「Lapisのリファイン」と言ってましたが2.0は間違いなく「Lapisの後継」と言えるでしょう。 簡単に書くと

6hot_Analyzer + Lapis + α = Lunasys 2.0

といった感じ。これまでの解析の良いとこ取りかつ余計な部分を削り、全体的にブラッシュアップ。 今まで培ってきた技術の集大成と言っても過言ではありません。 こういうこと自分で言うのはあまり好きではないんですが、今回は良く出来てると思います。 まだLapisを使ってる人にもお勧めしたい一品でございますですよ。

beta3からの変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lunasys 2.0.1』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.0.0(beta含む) ⇒ 2.0.1 差分ファイル ダウンロード

というわけで修正版。フレームワークレベルで直してます。 タイムゾーン関連のエラーが頻発してたのでフレームワークに組み込みました。 多分サーバーの管理者がPHP本体をバージョンアップしたりすると問題が出るようで。 またエラーが発生するようならどんどんBBSに書き込んで下さい。

「リンク元が取得出来ない」と言ってくる人が非常に多いんですがその原因は ほぼ100%「conf.ini」のドメイン設定が間違っている、 もしくは設定されてないのどちらかだと思われます。 設定したとしても、その後アップデートしたときに差分ファイルに「conf.ini」 が含まれていて再設定を忘れているというケースも考えられます。

今まではドメイン設定が空欄だと自動で設置先サーバーのドメインを設定していましたが、 昔みたいにチェック自体を行わないように変更しました。 設定しなくても動くけど設定しないと面倒なことになるよ、という感じです。 また、初心者向けに具体的なドメインの書き方を「readme.txt」に載せておきました。 ここまでやれば大丈夫でしょう。

あと『freo』PHPインクルードの場合に動かない、 という情報があって試してみたんですが、全ての処理の前にLunasysのコードを 記述すると動作しました。恐らく内部で終了処理をしていると思われます。 Lunasysのコードを最後に記述すると実行前に終わってしまうケースがあるので 『freo』に限らずPHPインクルードで動かない場合は最後ではなく最初に記述して試してみて下さい。

主な変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lunasys 2.0.2』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.0.1 ⇒ 2.0.2 差分ファイル ダウンロード

差分ファイルに関して「conf.ini」を中に入れたくないので一旦リセットしてます。 一応betaから2.0.1までの差分はPHPスクリプトのページに残しておきます。 「PHP.ini」にPDO関連のエクステンション読み込みの記述を入れたんですが、 さくらインターネットなどで問題となるようなのでコメントアウトしました。 必要ならコメントを外してね、ということでよろしくです。

あとリンク元の取得時に「conf.ini」のドメインで複数設定している場合、 そのドメイン間でのリンクは同じサイトと見なしてリンク元を消してしまう問題 (仕様とも言えますが)があったんで直しました。

ログ取得の部分を並列処理させようとしたんですが見事に期待外れ。 そもそも並列は時間のかかる処理向きで元々速い処理をさらに高速化するための ものではない気がします。ですが実験する過程で無駄な部分がいくつか分かったので 少しだけ改善してます。

アクセス解析『Lunasys 2.0.3』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.0.1 ~ 2.0.2 ⇒ 2.0.3 差分ファイル ダウンロード

というわけで「2.0.3」です。なんだかんだで盛りだくさんになっちゃいました。 今回は主に高速化に注力してます。特にログ取得の部分は大幅に書き直してますので パフォーマンスはかなり向上したと思います。管理画面も色々と工夫してます。 体感出来るレベルではないかもしれませんが。

あとオーバーレイに文字コード判定を付けたんですがHTML内に 「charset」が書かれていることが前提となってます。 書いてない人はちゃんと書いて下さい。よろしくです。

主な変更点は以下の通り。

※2012/02/02 21:21 追記

バグがあったのでアーカイブファイルを差し替えました。既にアップデートしてしまった人は改めて差分ファイルをダウンロードして上書きアップして下さい。申し訳ないです。

※2012/02/04 08:40 追記の追記

さらにバグがあったのでいい加減観念して本日中に「2.0.4」を緊急リリースします。前回の差し替え内容も「2.0.4」として扱います。バタバタしてすいませんです。

アクセス解析『Lunasys 2.0.4』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.0.1 ~ 2.0.3 ⇒ 2.0.4 差分ファイル ダウンロード

というわけでバグ修正版です。2.0.3は無かったことにして下さい。ハハハ。こやつめ。 まぁさすがにあれだけいじれば色々と見落としも出てくるものですよ。 最近毎週リリースしてますけど多分これで落ち着くのではないかと思います。

主な変更点は以下の通り。

※2012/02/07 08:15 追記

またバグがあったのでアーカイブファイルを差し替えました。既にアップデートしてしまった人は改めて差分ファイルをダウンロードして上書きアップして下さい。申し訳ないです。

・詳細ログ条件検索でリンク先の検索がエラーが出て表示されないバグを修正

アクセス解析『Lunasys 2.1.0』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

というわけで『Lunasys 2.1.0』です。本当は出さないつもりだったんですが まぁ色々ありまして。大人の事情により仕様変更の上リリースすることと相成りました。 今までリンク元とかのリンクは直接ジャンプ(転送ですが)してましたが 『Lapis』と同じワンクッション置く形式に変更となりました。

自分としてもギリギリの判断で心苦しい限り。ですが未来への布石、と前向きに考えて頂ければと。 最初は違和感あるかもですが、慣れればどうってことないです。ご理解頂ければ幸いです。 まぁ将来的に何事も無かったかのようにしれっと元に戻すかもですが。 そのときは……お察し下さい

今回の目玉は以前から要望のあった「UA全文」を保存&表示するようになったことですね。 ただ追加するだけだとデータ量が増えすぎるので、他の部分でなんとか相殺出来るよう 工夫してみました。さすがにまったく増えない、というわけにはいきませんでしたが許容範囲内かと。 このサイトの場合、一割増し程度でした。

UA全文の追加に伴い、詳細ログ画面のレイアウトもちょっと変更しています。 少しは見やすくなったかと。あとはデザインの再調整とかバグ修正とか細かい変更です。 あ、そうそう。重要な変更点。データ量削減のために詳細ログと月間ログ(リンク元のみ) のデータフォーマットが大幅に変更になりました。

詳細ログに関しては古いログが残ってるとエラーが出るので全てリセットになります。 月間ログ(リンク元のみ)はリセットではないんですが古いデータは表示されなくなります。 大変申し訳ないですがご容赦を。「リンク元」は今までそのままURLを保存してましたが、 「ページ」「リンク先」と同じようにページ番号で保存するようになりました。

アップデート後は必ず「ログデータ管理」から「ログテーブルのコンバート」を実行して下さい。 お手数をおかけしますがよろしくです。主な変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lunasys 2.1.1』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.1.0 ⇒ 2.1.1 差分ファイル ダウンロード

バグがあったので修正しました。

アクセス解析『Lunasys 2.1.2』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

Lunasys 2.1.1 ⇒ 2.1.2 差分ファイル ダウンロード

バグがあったので修正しました。

Google検索で検索語が取得出来ないケースについて

参考:米Google、検索サービスのSSL接続を標準に [詳細版]

以前から気になっていた問題ですが、『Lunasys』などアクセス解析でGoogleから訪問時に 検索語が空欄になるケースがあります。このカラクリがようやく判明しました。 結論から言うとGoogle先生の仕様です。バグでもなんでもありません。

プライバシーポリシーの変更に伴い、検索語が外に漏れるのは良くないんじゃないか とGoogle先生は考えるようになったみたいです。プライバシー保護団体の圧力に屈したのかもしれません。 ともあれ「検索語を強制削除したURLからリダイレクト」という動きになるようです。

リンク元は一つ前しか取得出来ないので、実際に記録されるリンク元から検索語を復元することは 普通のアクセス解析では不可能です。サーバーの生ログでも確認しました。ただ、自社に有利になるよう 「Google Chrome」や「Google Analytics」だと……といった小細工を仕掛けてくるかもしれませんが。

上記のページだと「google.com」のみが対象と書いてありますが、 2012年3月6日から「google.co.jp」でもこの仕組みが使われ始めてるようです。 今後全面的に検索語が取得出来なくなる可能性もあります。 Google先生には考え直して欲しいところです。

アクセス解析『Lunasys 2.2.0 beta1』(先行版)リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.1.2 ⇒ 2.2.0 beta1 差分ファイル ダウンロード

はい、というわけで先行版です。当サイト史上最も地味なバージョンアップかも。 動作の高速化がメイン。管理画面はmod_deflateによる全ファイルの圧縮転送を実施。 あとPHPからのincludeで新しく『tracker.PHP』というのを用意しました。

これはソケット通信でリクエストを送ってレスポンスを待たずに通信を終了させるので、 ページの表示速度に『Lunasys』の書き込み速度が影響しないようになります。 完全に別プロセスで動作するって感じです。何か不具合があったらバグレポートよろしくです。

主な変更点は以下の通り。

アクセス解析『Lunasys 2.2.0 beta2』(先行版)リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【機能比較表】 【設置方法】 【WordPress設定】

Lunasys 2.1.2 or 2.2.0 beta1 ⇒ 2.2.0 beta2 差分ファイル ダウンロード

バグ修正がメインです。あとdocomoはスマホの発売ラッシュを自重すべき。 毎回更新が大変なのです。主な変更点は以下の通り。

『Lunasys』改め『Lunalys 2.2.0 beta3』(先行版)リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【スマホ用サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

はい、というわけで予告通り名称変更しました。『Lunasys』改め『Lunalys』です。 読み方は「ルナリス」。「analysis」(解析)にちなんだ名前です。 というか元々の『Lunasys』はどこから来たのかというと……。 まぁ人生には色々ありますよね

ついに、というかようやくスマホ用の管理画面が出来ました。作ろうと思ってからここまで 来るのに余裕で半年ぐらいかかってます。 なんていうかモチベーションが上がらなかったんですよね。 そもそもスマホ持ってないし

そんなこんなでgdgdになりつつもなんとか完成。 細かい部分は実機で確認して調整する予定です。 主な変更点は以下の通り。

『Lunalys 2.2.0 beta4』(先行版)リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【スマホ用サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

というわけでbeta4です。スマホ用管理画面を実機で確認して色々と修正しました。 多分これが最終betaになるかと。例によって一ヶ月ぐらい様子をみてから 正式版のリリースとなります。バグがあったら早めに連絡よろしくです。

あとbeta3で『PHP5.3』以上向けの記述をしてしまい(知らなかった)、 『PHP5.2』だと動かなくなってましたが記述を変えたので今度は動くはずです。 正確には『PHP5.2.3』以上。『PHP5.1』の人はごめんなさいです。 「2.1.2」を使って下さい。

アクセス解析『Lunalys 2.2.0』(正式版)リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【スマホ用サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

きれいなスマホ表示してるだろ。HTML差し替えてるだけなんだぜ。これ……

というわけで正式版です。一ヶ月ほど様子を見る、と言いましたがなんかもう 引っ張るのが面倒になったのでリリースしちゃいます。 あとダークソウルのDLCも出るしね。

今回の目玉はやはり「管理画面のスマホ対応」ですかね。結構前からの懸念事項でしたが ようやく実現しました。ぶっちゃけ今の時代スマホ対応しないとこの先生きのこれないですし。 とはいえ動いてるロジックにはほとんど手を入れてません。PC向けと同一のものが そのまま動いてます。出力の時にHTML(とCSS)を差し替えてるだけ。

あと色々な部分で高速化してます。毎度よくやるわ、と自分でも思いますw  だってやってて楽しいし。パフォーマンスチューニングはやりだすと止まらない!  バグなどありましたら遠慮なく報告お願いします。 beta4からの主な変更点は以下の通り。

※スマホ用URLは「lunalys/analyzer/index.PHP/sp/」です

アクセス解析『Lunalys 2.2.1』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【スマホ用サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

Lunalys 2.2.0 ⇒ 2.2.1 差分ファイル ダウンロード

バグがあったので修正しました。

アクセス解析『Lunalys 2.2.4』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【スマホ用サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

Lunalys 2.2.3 ⇒ 2.2.4 差分ファイル ダウンロード

超久々です。このタイミングでしか更新出来なかったので遅くなりました……。

アクセス解析『Lunalys 2.2.8』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【スマホ用サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

Lunalys 2.2.7 ⇒ 2.2.8 差分ファイル ダウンロード

約1年ぶりのアップデート。スマホリストの更新を超頑張りました。 この作業ホント疲れるんですよね。誰か代わりにやってくれないかなw

アクセス解析『Lunalys 2.3.0』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【スマホ用サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

はい。実に4年ぶりに機能を追加しましたよ奥さん。 放置しすぎですが、まぁそれぐらい元の完成度が高かったということで。 今まで特に変える必要性を感じなかったわけです。主な変更点は以下参照。

4年前と比べて大きく閲覧者の環境が変わったことがあります。 それはスマホからアクセスする人が大幅に増えたということ。 まさかゲームだけでなく普段のWeb閲覧もスマホでするようになるとは。時代は変わるものですね。

というわけでスマホ時代に合わせて今まで曖昧にしていた部分をキッチリ整理。 モバイル系のアクセスは今までUAに端末機種とキャリア名を無理やり詰め込んでましたが、 別パラメータとして保存しUAはUAでちゃんと取るように変更しました。

微妙にパワーアップした『Lunalys 2.3.0』を是非お試し下さい!

【超重要】ver 2.2.x からアップデートする場合【超重要】

アップデート後 必ず 管理画面右の「ログデータ管理」より「ログテーブルのコンバート」を実行して下さい。実行は一度だけでOK!

設定ファイル「conf.ini」の内容が一部変更になりましたので、お手数ですが再設定をお願いします。

アクセス解析『Lunalys 2.3.1』リリース!

【ダウンロード】 【動作サンプル】 【スマホ用サンプル】 【機能紹介】 【設置方法】

Lunalys 2.3.0 ⇒ 2.3.1 差分ファイル ダウンロード

毎年恒例のアップデートですよ。まぁ最低でも一年に一回はやらないとね。 終わってないよ! 更新し続ける限りそのアプリはまだ生きてます。