act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

ブログ エントリー

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の壱

というわけでPS3『トラスティベル ~ショパンの夢~ ルプリーズ』です。 2007年に発売されたXBOX360版(以後旧版)の移植+αでいわば「完全版」。 旧版はエンディングが意味不明という地雷認定されてました。 が新版はシナリオ及びマルチエンディングの追加というアナウンスが事前にありましたので 思い切って購入してみました。ちなみに旧版は未プレイです。

まぁ最初から地雷だと覚悟していればどうということはありません

とりあえず一時間ほどプレイ。ポルカ可愛いよポルカ。 初めてHD画像のゲームをプレイしたんですが、さすがに綺麗ですね。 ちょっと感動しました。ようやくPS3が活躍出来たので嬉しいです。 いままでごめんねPS3。は払っておいてあげたから。

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の弐

さてさて。注目(?)のバトルシステムはというと、見た目は『ラジアータ ストーリーズ』っぽいです。 基本はフィールドを自分で移動して攻撃、といった手順。トータルの行動ゲージが無くなるまで 自由に動作を組み合わせられます。『タクティクス オウガ』みたいなウェイトターン制ですね。 武器の当たり判定が結構シビアで狙いが適当だと結構外れます。

多段ヒットを前提にしてるみたいで敵のHPが異様に高い! 序盤なので苦戦してるのかもしれませんが。 半分ぐらいにして欲しいナと個人的には思いました。ボス戦とか怖いですね。 で、魔法は戦闘中にしか使えないのかな? 移動中に回復したかったんですが……??

シンボルエンカウントなのでストーカー並に追いかけられるかと思ったんですが 特に敵キャラはこっちには関心がないみたいで普通に素通り出来るのはポイント高いです。 ロマサガとか追いかけてくるタイプは避けなきゃいけないので結構神経使うんですよね。

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の参

そんなこんなで続きです。とりあえずポルカ組と合流、美人の弓使いビオラさんが加入するところまでプレイ。 つーかムービーシーン長すぎ。10分くらい連続で見せられました。ひょっとしてFFより長いかも。 う~みゅ。コレはきついかも。個人的にムービー自体は嫌いじゃないですが、こう連続だとねぇ。

あと雑魚敵が微妙に強い(HPがかなり高く設定されてる)せいかストレスが溜まります。 もうちょっとサクッと倒せても良いのに。防御のタイミングもシビア過ぎる!  マークが出てからコンマ何秒でボタンを押すとか無理だから。 攻撃パターンを読まないといけませんね。

MPという概念がないので戦闘中は必殺技と魔法は使い放題です。 この難易度は必殺技使いまくりという前提でバランスを取ってるっぽいです。 ここらへんは賛否両論でしょうね。回復魔法の効果が低いのも辛いなぁ……。 ってなんだか今回は駄目出しばっかですねw

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の四

というわけでビオラさんかわいいよビオラさん。無駄に露出度の高い民族衣装(?) がいい感じです。26歳という年齢も絶妙ですね!(何が) しかし弓の威力が剣よりも強い件。 大砲のような轟音を響かせる超強力な破壊力。……本当に弓ですかコレ?  通常攻撃で必殺技並の威力。爽快ですね。

ですがちょっと問題もあります。姉さんノーコン過ぎる! あーなるほど。そういう風にバランスを取ってるわけね。 敵との間合いが近すぎても遠すぎても駄目。弓の最適な射程距離にいないといけません。 中途半端な距離で攻撃しようとすると虚空に向かって豪快に鉄建を空振ったりします。 YOUは一体誰と戦っているのかと小一時間問い詰めたいところ。シャドーか。

ところでショパン氏は一体何が目的なんでしょうね。未だに謎なキャラクター。 どうでもよいですが自分の夢なら最初からレベルMAXで登場して欲しかったんですが。

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の伍

サクッと4章に突入。3章短いです。というより2章の最後で中ボスのチューバとかいうおっちゃんに大苦戦!  レベル上げに時間を割いたせいか2章が長く感じました。そりゃ~もう7、8回は全滅しましたよこんちくしょう。 正直詰んだかと思いました。このバトルにはパーティのお荷物度No.1の座を守り続ける ビート君が強制参加するので辛いんですよね。

最終的にはお荷物君を囮にして敵の全ての攻撃を誘導、完璧に防御が成功するという 奇跡的な展開で勝利。アレグレットは攻撃、ポルカは回復、お荷物君は防御とそれぞれに専念。 ポルカの回復魔法の方が威力が強いのでビオラさんはあえて使いませんでした。 慎重に移動(敵を誘導)してフォーメーションを崩さないようにしたのも勝因かな。

このゲームのバトルって「防御」が超重要なんですよね。 防御をおろそかにすると雑魚敵でもフルボッコにされます。 タイミングよくボタンを押すだけなんですが、反射神経が鈍い人にはお勧め出来ません。 てゆーか防御が手に汗握るRPGってどうなんでしょうね。面白いけど。

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の六

ところで3章の最後、クラベスさんのあのシーンは最悪の演出でしたね! 悲しいシーンなのにテンポが悪すぎて全然悲しめませんでした。 回想シーン長すぎ。まだ続くのかという感じで往生際悪いよクラベスさん

超どうでもいいんですが、PS3は5.1chのサラウンド環境でプレイしてます。 が、いつの間にかアンプのスイッチが誤って切り替わってたらしく、今までBGMなしでプレイしてました。 効果音や台詞の音声はちゃんと聞こえてたのでてっきりBGMがないゲームだと思ってました。

変わった演出だなぁ、と。最近になって何か変だと思って調べたところこのおバカな事実が発覚。 17時間プレイしてようやく気が付きました。遅いよ自分orz まぁBGMを楽しむのは2週目のお楽しみってことですよ!(涙目で)

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の七

第5章までプレイ。第4章はポルカさんチームオンリーで主人公であるアレグレットは放置プレイです。 セレナーデさんなんか胡散臭いなぁと思ってましたが案の定。ぇぇぇ。ついこの間似たような人が いた気がするんですが。気のせいでしょうか。

それにしてもやっぱこの作品、バトルが面白いです。バランス悪いですが。 防御のシステムのお陰(?)で常に緊張感が保たれています。雑魚敵相手でも気が抜けません。 いつの間にやら大所帯になっているパーティのバトルメンバーの選考にも悩みますね。 基本はショパン、サルサ、マーチです。てゆーか他のメンバーは使い勝手がイマイチなんですよね。

アレグレットは特徴がないし、ビートは純粋に弱いし、ビオラは攻撃が当たりにくい。 ポルカは自分への回復が弱いし、ジルバはスピードが遅すぎる。 ビオラとジルバはかつて即戦力で期待の新人でしたが、 今では二軍生活に慣れ過ぎてしまい引退の日も近いです。

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の八

というわけで第6章までプレイ。ラスボス候補のワルツ伯爵とのお試しバトル。 いいなぁこういう分かりやすい悪者は。そういえばえらい若い領主だと 思ってたんですが、取説には16歳と記載がありました。……16歳て

パーティメンバーにエースストライカーのファルセットさんが戻ってきたのでサルサと交代。 しばらく使ってみてサルサと比べてみる予定です。サルサも通常攻撃の多段ヒットが魅力なんですよね。 悩むところです。現状では攻撃はファルセット、防御はマーチ、回復はショパンが担当。

特にマーチさんは防御の要として大活躍。 「オーロラカーテン」と「フルムーンバインド」はかなり使えます。 ショパンは回復がメインですが意外と攻撃も強かったりします。 他に回復出来るキャラはポルカとビオラがいますが、一番威力が強いのはショパン。 実行スピードも速いです(3回使えます)。この二人はしばらく固定です。

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の九

第7章までプレイ。ワルツ伯爵との本バトル。多分コレが終われば8章かな?  バトルメンバーのレベルは48にもかかわらず惨敗。……あるぇ?  恐らく目安のレベルは45ぐらいだと思うんですが、何度やっても倒せません。 惜しいところまでいくんですけどね。

一人ひとりは(ちゃんと防御出来れば)どうということはない(はず)なんですが、 ドラゴンと同時に出てくるのが実にいやらしい。 どちらかに集中攻撃してまず人数を減らすのがセオリーなんですが……。 一箇所に固まるとブレスとかで全員にダメージくらうのがネック。

切り札の「フルムーンバインド」がレジストされるのが非常に痛い。 前回は効いたのに……orz う~みゅ。ポルカが全体回復魔法を覚えたので初心に帰り、 アレグレット、ポルカ、ショパンの主役パーティで試してみます。 回復要員を二人に増員、防御力の高いアレグレットを盾にして守りを固める作戦です。

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の拾

主役パーティはやっぱ駄目でした☆ ←結論

えぇい! こうなったらレベル上げまくってやる!  と意気込んで結局レベル52でやっとこさワルツを撃破。はぁ~疲れた。 パーティは先述のファルセット、マーチ、ショパンです。 ショパンが全体回復魔法を覚えたせいか、今までの苦戦はなんだったんだろうという楽勝でした。

当方防御が下手なのでオーロラカーテンが生命線です。とにかく常にバリア状態を維持しつつ 出来るだけハーモニーチェインで繋げてワルツを速攻で排除。 ドラゴンだけになれば雑魚敵も同然です。 そして倒すとまた新たな「歪み」が発生。う~みゅ。今度はどこに飛ばされるのやら。

さてさて、物語はいよいよクライマックス! 最終章に突入!!

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の拾壱

そんなこんなで1周目クリアしました。つーかラスボス弱っ!!  意外な相手でしたが……イベント戦闘な感じ。ワルツの方が10倍ぐらい強いのでは。 回復なしで一気に押し切ってあっけなく撃破。負けるとそれはそれで違う展開になるとか。

ちなみにエンディングはショパンの語りでした。 マルチエンディング(というかスタッフロール?)らしいですが、 分岐はワルツ戦のメンバーが条件だとか。まぁそれほど重要な分岐ではないみたい。 XBox版プレイ済の人にとっては壮大な釣りですよねぶっちゃけ

で、XBox版で意味不明という散々な評価だったエンディングですが…… 別に自分は不自然な点は感じませんでした。綺麗にまとまってると思いますが??  だってこれ○○○世界でしょ? 「変な形の石」とか「チェロの木」とか「ポルカとショパンの会話」 とか分かりやすい伏線がいっぱいあったし。 最初から「ショパンの夢」だって言ってるんだからなんでもありじゃないですか。

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の拾弐

というわけで1周目クリアに伴い攻略サイト解禁です。2周目で引き継がれるのは 「英雄の紋章」「スコアピース」「衣装」「パーティクラス」など。 「レベル」「装備品」「アイテム」は全てリセット。 マジですか。ラジアータより少ないなぁ。悔しいっ!……でもプレイしちゃう。

2周目に入る前に少し戻ってユニゾンでパーティクラスLv6とスコアピースを回収。 ボタン入れ替えとか聞いてないよソレorz まぁ慣れるとどうってことないです。 が常に変更後の配置をチェックしないといけないので精神的疲労度大です。 う~みゅ。こりゃ上級者向けですね。

2chの攻略スレをちょっと覗いて見たんですが、 パーティメンバーの選考にみんな一家言あるみたいで面白いです。 結局自分の好きなキャラ使えばいいよ、という感じでした。 ビオラの使い方もやっと判明しました。 なるほど、あの照準は動かせたのね~……って気付くの遅いよ

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の拾参

ポルカの新衣装はダントツ可愛いべ!!

2周の自宅で取れるポルカの新衣装2は「私のお気に入り」というだけあって、お洒落でかなり可愛いです。 うん。これだけで2周目の価値はあるかな。 さて。残るは1周目で取り逃したビートの新衣装。かなり評判が良いみたいで期待度大。 早速攻略サイトで場所を確認。2周目でよーやく思い出したんですが、 あんな序盤の宝箱一個なんて1ミリも覚えてねーっつのw

さて、2周目の一番大きな(?)変更点は敵が強くなってること。 どれぐらいかというと、第1章の雑魚敵に余裕で全滅させられるぐらい。 防御にミスると一気に逝かされます。つ、強い……でもそれがいい。むしろ2周目が本番みたいな。 「無理ゲー」にならない程度のギリギリのライン。多分ボス戦はまぐれじゃ勝てないですね。 パーティクラスは任意に変更が可能ですのでLv5か6にすると楽かも。

というわけでいい加減にきりがないのでトラスティベル プレイ日記は次回で最終回! 期待せずに待て!!

トラスティベル ルプリーズ プレイ日記 其の拾四

というわけでユニゾン、サブイ様教団、その他サブイベントもオールクリア。 3種類のスタッフロールも全て見ました。 プロテクトピアス1つのためだけに3周目をやるのもアホらしいのでここらでお開きですね。 レベルも99まで上げたしほぼフルコンプリートといってもいいでしょう。 もはやダンデライオンすら雑魚敵です

総評。ロード&セーブが異様に長い! バトルが異様に難しい! ムービーが異様に長い! でも最高に面白かった!! ここまでやりこんだRPGはドラクエ5以来です。 美麗なグラフィックと洗練されたバトルシステムは特筆に価しますね。 難易度が高いのがネックですが逆に言うと「やり応えがある」ということ。

やわらかいタッチのキャラデザなので、 ライトユーザー向けのヌルい作品だと思ったら痛い目をみます。いい意味で。 スリリングで緊張感のあるバトルは非常に楽しく、この作品の一番の魅力。

難点は以前も書きましたが防御のタイミングがシビア過ぎること。 ただ、非常に難しいボス戦でもレベルを上げさえすれば なんとかなるのでそこらへんは上手く作られてます。

意味不明という批判のあったシナリオに関してはXbox360版から かなりの追加、変更があったみたい。特に6章の最後から最終章にかけてかなり展開が異なり、 ワルツやショパンの心情が語られるなど分かりやすくなりました。 なのでXbox360版をプレイ済の人にもお勧め出来る内容だと思います。

点数にすると90点ってところですかね。決して万人向けではないですが、 万人に勧めたくなるような名作です。最近お手軽なRPGしかやってないな~ と物足りなさを感じているそこのあなた。『トラスティベル ルプリーズ』がありますよ!