act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

ブログ エントリー

魔法使いの夜 プレイ日記1

―――坂の上のお屋敷には、二人の魔女が住んでいる―――

というわけでTYPE-MOONの新作ビジュアルノベル『魔法使いの夜』です。 オリジナルは奈須きのこ氏が初期に書いた未発表の小説。社内でも数人しか読んだことがないという、 いわば「幻の作品」としてファンの間でも有名でした。武内崇氏が「続きが読みたい」と言っていたので それを受けて(?)の待望のゲーム化。発表は2008年4月ですから丸4年経ってます

同時に発表された『ガールズワーク』と『月姫リメイク版』は影も形も見えないんですが…… ま、あと5年は覚悟しておいた方がいいかもですね。なにはともあれ「まほよ」ですね。 ここまで発売が延びたのは演出にこだわったため、と言われてるのでそこらへんは期待大です。 キャラデザはいつもの武内氏ではなくこやまひろかず氏。きのこ氏の小説『DDD』の挿絵の人。

個人的に『DDD』は大好きでこっちもゲーム化して欲しい、と以前にも言った覚えがありますが 何度でも言いますよ。それはともかくまほよの舞台はというと、 月姫の重要なゲストキャラクター(殆ど出番はないけどw)であった 「本物の魔法使い」蒼崎青子の若き日の物語。正直月姫の時点で年齢不詳なので 分かりにくいんですが多分10年ぐらい前の話になるのかな?

あの眼鏡の由来とか登場するんでしょうか。まだ駆け出しの彼女がどうやって 世界に数人しかいない「魔法使い」になっていくのか楽しみですね!

前後のエントリー