act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

ブログ エントリー

タクティクスオウガ 運命の輪 プレイ日記16

というわけで総評。旧作プレイ済の人はもちろん、未プレイの人にもお勧め出来る完成度。 PSPのゲームとは思えないほどの大ボリュームは圧巻の一言。シナリオに関してですが大筋には変更がありませんが、 戦闘中の特定キャラ同士の会話が超増えてます。新キャラの加入イベントも「おまけ」程度の ものを予想してたんですがかなりしっかり作ってあり、とても楽しめました。

特にオズマとテンプルコマンド達の会話は旧作にはまったくない展開ですからかなり新鮮でしたね。 あとラヴィニス関連のイベントも世界観に合った味わい深い内容で上手く描かれてました。 どうでもいいですが会話の内容からしてアンドラスもひょっとしたら仲間になるのでは、 と思ってたんですがそんなことは全然なかったです。ちぇ。

お気に入りはカチュアの「あんた、誰?」のイベントとデネブの加入イベントですね。 まぁちょっとふざけすぎな感はありますが、こういうユーモアがあってもいいんじゃないですか。 基本的に小難しい政治的な話微妙な欝展開が満載なゲームですから。

システムに関してはもうまるっきり別物で旧作と比べてかなり遊びやすくなってます。 クラス単位のレベル管理やスキル制は個人的には賛成です。ただ、新しく加わったクラスは 全てLv1から育てないといけないので面倒と言えば面倒。

育成枠でアイテム係として後方支援が基本ですが、戦力になるまで時間がかかりすぎるし 「レベルアップボーナス」というシステムを知ってしまうと 結局既存クラスのみで戦うことになっちゃうんですよね~。 知らない方がいいことも世の中にはあるってことです。

スキルは枠が最大10個と少ない気がしますが逆にユーザーの個性が出しやすくていいのかも。 トレードオフで頭を抱えつつ工夫するのがまた楽しいんですよね。これ以上枠が多すぎると みんな同じようなスキルをセットしちゃうと思うので、「10」というのは意外と絶妙かも。

装備品や各種アイテム類が大幅に増えているのもポイント高いです。が、武器に関しては いわゆる「謎補正」武器というのが存在してる影響でレア武器の価値が大幅に下がっているのが頂けない。 レアものより雑魚敵が装備してる量産品の方が強いとかガックリですよ。 ここらへんはもうちょっと考えて欲しかったなぁ。あと両手剣が空気な件。

そんなこんなでイマイチな部分は確かに存在しますが、総合的な完成度からすると 些細な問題です。やっつけではない、本気のリメイク。今時のライトユーザーに合わせた 各種親切設計は「おゆとりさま」でも安心(多分)。 難易度も下がってて(自分的に)ものすごーく遊びやすくなってますので万人にお勧めできる作品です。 点数は95点ってとこかな。ちなみに一週目のクリア時間は約100時間でした(遅ッ)。

タクティクスオウガ 運命の輪 プレイ日記 完

前後のエントリー