act

ダークソウル リマスター発売に便乗してみる

ブログ エントリー

ひぐらしのなく頃に解皆殺し編其の参

さてさて。今回は梨花ちゃん視点という事で ちょっと毛色の違うストーリー展開になってます。 簡単に言うと「運命に立ち向かおう!」という目的意識がはっきりしてます。

「世界」の裏側を淡々と語る感じでとてもシリアス。 「罪滅し編」で見せた「運命を破壊する可能性」を持った 圭一がちょっぴり格好よく描かれていて、とってもKOOLです。 梨花ちゃん的には好感度アップですね。

これまでのノリとは明らかに違うので好き嫌いが分かれそうです。 一番の違いはなんと!「選択肢が存在する」点です。 最終話「祭囃し編」でそういう作りになるのかなーと予想してたんですが 今回そうきましたか。……ってことは惨劇は回避出来るかも!? ……って全然影響無いっぽい。orz

前後のエントリー